日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成14年(2002)7月14日 東大門競技場
日本代表 55-17 韓国代表
日本韓国下しW杯出場決定
 
 第1戦で90点も取った日本の気の緩みが心配されたが、日本は敵地でも韓国に完勝して豪州W杯への出場を決定した。
「前半4分、相手ゴール前で右に展開、ミラー、大畑とつないで先制トライを奪うと、10分にもバツベイがトライ。敵地で最初に12点リードし、自らを楽にした。7点差で迎えた前半ロスタイムでは、攻勢の韓国がこぼしたボールを逆につなぎ、栗原が60メートル独走トライ。後半も終盤に3連続トライと、定石どおりにダメを押した。日韓の違いを向井監督は『反則ギリギリのプレーもする韓国に対し、日本はどこにボールを運び、いつ攻めるか、制御されている』と答えた。さらに『接触プレーは日本が上』。3月からの合宿で走力以上に、人とのぶつかり合いを想定し、強化メニューを組んだ方針の勝利と言いたげだった」(読売、渋谷正章)。
 
No.404★179 第2回アジア3国対抗(RWCアジア地区最終予選)
2002年7月14日 G:ソウル東大門競技場 R:P.マーシャル(A) KO 16:30
日本代表5517韓国代表
1長谷川 慎(サントリー)24121金 英根
2坂田 正彰(サントリー)3152韓 榮勲
3豊山 昌彦(トヨタ)3金 晉興
4久保 晃一(ヤマハ)4T24朴 瑨培
5ルアタンギ・バツベイ(東芝府中)2G1C5姜 銅鎬
6大久保 直弥(サントリー)0PG06禹 台一
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07金 泳男
8斉藤 祐也(サントリー)8朴 魯榮
9月田 伸一(リコー)5T19李 明根
10アンドリュー・ミラー(神鋼)3G010崔 榮峻
11栗原  徹(サントリー)0PG011李 晉旭
12元木 由記雄(神鋼)0DG012朴 昶玟
13難波 英樹(トヨタ)13柳 旼錫
14大畑 大介(神鋼)91714郭 鐵雄
15小野澤 宏時(サントリー)15龍 煥明
交代【日】伊藤剛臣(神鋼)⑦、アダム・パーカー(東芝府中)⑤、村田亙(ヤマハ)⑨、三木亮平(トヨタ)⑭ 【韓】盧哲基⑨、郭盛云③、金在賢⑬、朴燦植⑤、金棟鮮④  シンビン=金棟鮮(韓)
得点:Tバツベイ、箕内、栗原、元木、難波、大畑、小野澤、パーカー、三木、G栗原4、ミラー