日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成14年(2002)5月19日 国立競技場
日本代表 59-19 ロシア代表
向井ジャパン、ロシア粉砕
 
 第5回RWCアジア地区予選の壮行試合。ロシアとのテストマッチに日本はテンポの速い攻撃で7トライを奪って快勝し、強化が順調に進んでいることを示した。
「チームの整備ができてきたな、と感じさせるいい試合だった。決して弱くはないロシアを相手に、FW第3列の突破力、バック3の力がよく発揮されていた。特に、後半6分にNo8斉藤が突破し、そのラックからループ、飛ばしパスを使って大畑がトライしたプレーは、ジャパンの真骨頂。お客さんにも喜んでもらえたと思う。課題を挙げるとすれば、やはり大きな相手にスクラムでプレッシャーをかけられ、モールから3トライを許した点だろう。大きな相手にフィジカル面で、もっと対抗できるように対策を立て、スキを見せないようにすることだ。さらに組織力を上げれば、充分に世界と戦えるチームになる」(サンスポ、「ホイッスル」日比野弘)。箕内拓郎は初キャップで主将の重責を担った。
 
No.400★175 リポビタンDチャレンジ2002 ロシア代表第1回来日
2002年5月19日 G:国立競技場 R:アル・クレンプ(米) KO 19:00
日本代表5919ロシア代表
1久富 雄一(NEC)3071アレーク・チュカーイロフ
2坂田 正彰(サントリー)2912C2ラーマン・ローマク
3豊山 昌彦(トヨタ)3ヨハン・ヘンドリックス
4久保 晃一(ヤマハ)3T14ラシード・サグジェーフ
5ルアタンギ・バツベイ(大東大)3G15セルゲイ・セルゲーエフ
6大久保 直弥(サントリー)3PG06レニエー・ヴォルシェンク
C7箕内 拓郎(NEC)0DG07ヴァチェスラーフ・グラチェフ
8斉藤 祐也(サントリー)8ヴァチェスラーク・ジーコフ
9苑田 右二(神鋼)4T29ビークトル・マトーリン
10アンドリュー・ミラー(神鋼)3G110ヴェルナー・ピータース
11栗原  徹(サントリー)1PG011アンドレーイ・クージン
12元木 由記雄(神鋼)0DG012アレクセーイ・カラペーイニコフ
13難波 英樹(トヨタ)13ヴラディーミル・シーモノフ
14大畑 大介(神鋼)112114イーゴリ・ディムチエンコ
15小野澤 宏時(サントリー)15アレクサーンドル・ザカルリューク
交代【日】淵上宗志(コカコーラWJ)⑩、山本正人(トヨタ)①、アダム・パーカー(東芝府中)④、伊藤剛臣(神鋼)⑧、村田亙(ヤマハ)⑨ 【ロ】A.クローキン③、A.トラーフキン③、O.ジューコフ⑩  シンビン=グラチェフ(ロ)
得点:T豊山、バツベイ、ミラー、栗原、大畑、小野澤、村田、G栗原6、PG栗原4