日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成13年(2001)6月17日 秩父宮ラグビー場
日本代表 30-53 ウエールズ代表
日本代表逆転負け
 
 第1テストからやや改善が見られた。日本らしい攻めができた点だ。前半終了間際に栗原のPGで20−19と逆転し、試合の興味を後半につなげた。問題は後半。いつものように後半に崩れて6トライを取られ、結局はトライ数3対9、30−53で敗れた。日本は前半33分、36分と鮮やかな連続攻撃でFL久保晃一、WTB増保輝則がトライ。2PGを加え前半を20−19とリードした。しかし後半15分過ぎにミスがらみで3連続トライを奪われ突き放された。ウエールズを3トライで抑えろというのは厳しい注文だが、最後まで耐えられる身体能力をつくらなければ永遠に勝てないことになる。宿沢強化委員長は「50点は取られすぎ。集中力が途切れた後半15分過ぎから3連続トライされたが、キックミスなどがあり、2トライはやらなくてもいいものだった。それまで接戦だっただけに惜しまれるし、80分間途切れずに戦うことができる体力面の強化が一番の課題だろう」と述べた。
 
No.396★172 ウエールズ代表第2回来日第5戦
2001年6月17日 G:秩父宮ラグビー場 R:K.ディーカー(NZ) KO 14:00
日本代表3053ウエールズ代表
1長谷川 慎(サントリー)20191イェスディン・トーマス
C2坂田 正彰(サントリー)10342アンドリュー・ルイス
3豊山 昌彦(トヨタ)3クリス・アントニー
4ルアタンギ・バツベイ(大東大)2T34クレイグ・クインネル
5田沼 広之(リコー)2G2C5アンドリュー・モーア
6久保 晃一(ヤマハ)2PG06ネイサン・バジェット
7小泉 和也(神鋼)0DG07ギャビン・トーマス
8斉藤 祐也(サントリー)8ゲライント・ルイス
9村田  亙(バイヨンヌ)1T69ガレス・クーパー
10岩渕 健輔(サラセンズ)1G210スティーブン・ジョーンス
11増保 輝則(神鋼)1PG011シェーン・ウィリアムズ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012エイドリアン・ダーストン
13難波 英樹(トヨタ)13ガレス・トーマス
14栗原  徹(サントリー)131514トム・シャンクリンン
15小野澤 宏時(サントリー)15ケビン・モーガン
交代【日】阿久根潤(東京ガス)⑤、伊藤剛臣(神鋼)⑧、パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)⑪ 【ウ】J.リンガー⑥、J.ロビンソン⑭、D.ピール⑨、C.スティーブンス④
得点:T久保、増保、小野澤、G栗原2、岩渕、PG栗原3