日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成12年(2000)7月2日 青森県営
日本代表 34-29 韓国代表
日本、逃げきる
 
 第17回アジア大会決勝、兼第2回日韓定期戦[第1回は日本選抜が対戦]は34−29で日本が薄氷の勝利を収めた。日本は前半31−7と圧倒的なリードを保ちながら、後半は一転して受け身に回り、トライ数4対5という勝負に勝って試合に負けた内容であった。
「きわどい判定だった。韓国に5点差と詰められた後半37分、韓国の連続攻撃から186センチ、85キロの大型FB郭鐵雄が左タッチライン際にステップを切る。左スミに同点トライが決まったと見えたが、直前にヘイリー主審の笛が鳴った。主審は試合後『韓国の選手が私と接触したので、その地点までボールを戻した』と説明したが、勝つことが絶対条件だった平尾監督も肝を冷やしたことだろう。(中略)平尾監督は『プレーの精度を高めないといけない』と話したが、世界の強国相手に『型』を追求した戦いを貫けるのか。残念だが次期W杯予選を2年後に控え、チーム強化はまた迷路に入った」(毎日、北村弘一)。
 
No.388★166 第17回アジア大会(日本)決勝兼第2回日韓定期戦 (第1回は日本選抜が対戦)
2000年7月2日 G:青森県営 R:P.ヘイリー(香) KO 14:04
日本代表3429韓国代表
1岩間 保彦(トヨタ)3171金 京祐
2網野 正大(NEC)3222韓 榮勲
3小口 耕平(リコー)3白 寅聖
4鷲谷 正直(トヨタ)4T14朴 魯栄
5大久保 尚哉(サントリー)4G1C5姜 銅鎬
6野澤 武史(慶大)1PG06禹 台一
7小村  淳(神鋼)0DG07林 成沫
8黒川 雅弘(ワールド)8朴 瑨培
9伊藤  護(東芝府中)0T49成 海庚
10大西 将太郎(同大)0G110金 宰成
C11増保 輝則(神鋼)1PG011金 亨基
12難波 英樹(トヨタ)0DG012柳 旼錫
13吉田  明(神鋼)13金 得熙
14大畑 大介(神鋼)19814李 晋旭
15栗原  徹(慶大)15郭 鐵雄
交代【日】廣瀬佳司(トヨタ)⑩、田沼広之(リコー)④、大原勝治(トヨタ)⑨、安田昇(ワールド)②、織田己知範(ワールド)⑪、八ッ橋修身(神鋼)⑫ 【韓】朴⑫、尹⑪  シンビン=小口(日)
得点:T増保、吉田明、大畑、認定トライ、G栗原4、PG栗原、廣瀬