日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成11年(1999)5月8日 秩父宮ラグビー場
日本代表 44-17 トンガ代表
廣瀬のキックでトンガを突き放す
 
No.374★154 第4回パシフィック・リム選手権第2戦
1999年5月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:K.ハンレイ(米) KO 13:00
日本代表4417トンガ代表
1長谷川 慎(サントリー)2251フィフィタ・プケ・ファレタウ
2坂田 正彰(サントリー)22122マイコロ・カイヘア
3中村 直人(サントリー)3テビタ・タマペアウ
4桜庭 吉彦(釜石)1T14イシ・ファタニ
5大久保 直弥(サントリー)1G05ファラマニ・マフィ
6渡邊 泰憲(東芝府中)5PG06マット・テポウ
7グレッグ・スミス(豊田自動織機)0DG07ソナタネ・コロイ
8ジェイミー・ジョセフ(サニックス)8カティリモニ・トォイプロトゥ
9グレアム・バショップ(サニックス)2T29シリロ・マーティン
10廣瀬 佳司(トヨタ)0G1C10エリシ・ブニポラ
11パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)4PG011イシ・タプエルエル
12元木 由記雄(神鋼)0DG012セミィ・タウペアアフェ
C13アンドリュー・マコーミック(東芝府中)13エトゥ・マヌ
14大畑 大介(神鋼)192614フェピコウ・タタフ
15立川 剛士(東芝府中)15センギリ・トゥイハラマカ
交代【日】平尾剛史(三菱京都)⑮、伊藤剛臣(神鋼)⑦ 【ト】A.ルトゥイ②、F.マホーニ⑧、B.ウーリィ⑩、L.マカ⑬  退場=マヌ
得点:Tツイドラキ、廣瀬、大畑、G廣瀬、PG廣瀬9

 
 カナダ戦に続き日本トンガにも快勝した。トライ数は3対3だから、ゴールデンブーツ廣瀬が世界新記録となる9PGで27点、それに1T、1G計34点を叩き出したのがいかに大きかったかがわかる。チームプレーが身上のラグビーなので、スポーツ紙の“廣瀬一人で34点”などの見出しにはちょっと抵抗があるが、この試合はまさに廣瀬サマサマといったところだ。前半7分、10分、13分、20分に廣瀬がPGを決める(12−0)。30分ツイドラキが自ら上げたパントを押さえてトライ(ゴール)。41分廣瀬PG、44分トンガがゴール前からサイドを突きトライ(22−5)。後半1分、トンガSOブニボラがトライ、ゴール(22−12)。日本は4分、15分、27分、30分に廣瀬がPG(34−12)。33分日本、相手ボールのラインアウトを取って展開、最後は廣瀬がトライ。40分ゴール前スクラムから⑧→⑨→⑭で大畑がトライ(44−12)。44分トンガ、PKからタプエルエルがトライ(44−17)。