日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成10年(1998)12月18日 タイ・アーミィSt.
日本代表 17-21 韓国代表
日本初参加アジア競技会で韓国に敗れる
 
 日本代表はバンコクで開催された第13回アジア競技会に初めて参加した。この大会はオリンピックに次ぐアジア最高の競技会で、ラグビーは7人制と15人制の2種目で行われたが、日本はいずれも決勝で韓国に敗れ銀メダルに終わった。
 前半4分日本PKからSH大原が速攻で飛び込みトライ(ゴール)。16分韓国WTB郭鐵雄がカウンターアタック、WTB龍のグラバーキックをFL禹が拾ってトライ(ゴール)。40分廣瀬PGで10−7。後半5分日本韓国のミスを拾い廣瀬から松田でトライ(ゴール)、17−7。30分韓国ラインアウトを押し込んでFL林がトライ(ゴール)、17−14。33分CTB柳の突進からFL禹がトライ(ゴール)、17−21。
 アジア競技会は開催時期がラグビーのアジア大会、国内の主要スケジュールなどと重なり、ベストメンバーを編成することが極めて難しい。スケジュールの工夫が必要だ。
 
No.372★152 第13回アジア競技会(タイ)決勝
1998年12月18日 G:タイ・アーミースタジアム R:P.ポンチャイ(タイ) KO 16:30
日本代表1721韓国代表
1長谷川 慎(サントリー)1071金 京祐
2薫田 真広(東芝府中)7142韓 栄勲
3中村 直人(サントリー)3白 寅聖
4桜庭 吉彦(釜石)1T14姜 銅鎬
5田沼 広之(リコー)1G15金 広済
6中村  航(東京ガス)1PG06林 成洙
7小村  淳(神鋼)0DG07禹 台一
C8伊藤 剛臣(神鋼)8朴 瑨培
9大原 勝治(トヨタ)1T29盧 哲基
10廣瀬 佳司(トヨタ)1G210金 宰成
11平尾(西嶋)剛史(三菱京都)0PG011龍 煥明
12元木 由記雄(神鋼)0DG012柳 旼錫
13大薮 正光(トヨタ)13金 聖男
14松田  努(東芝府中)132614郭 鐵雄
15沢木 敬介(サントリー)15金 在賢
交代【日】八ッ橋修身(神鋼)⑬、菅田貴幸(NEC)⑦、村田亙(東芝府中)⑨、黒川雅弘(ワールド)④ 【韓】金棟鮮⑤、成海庚⑨、安進煥⑧
得点:T大原、松田、G廣瀬2、PG廣瀬