日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成10年(1998)6月13日 ボクサースタジアム
日本代表 25-21 アメリカ代表
アメリカに逆転勝ち、廣瀬が劇的トライ
 
 日本が敵地で米国を2トライに抑え、3トライを奪って会心の勝利を収めた。
 後半26分に連続攻撃からツイドラキがトライして18−18の同点に追いつく。37分に米国にPGを許し18−21と暗雲が漂う。39分、日本はスクラムから左へ展開して廣瀬が抜いて劇的なトライ(ゴール)をあげ、大会2勝目を奪い取った。
「パシフィック・リム選手権が始まって以来、大敗の屈辱をかみしめ続けた“鬼門”のサンフランシスコに、ジャパンの雄たけびが挙がった。34を数えた反則数、ミスを多発した前半の戦いぶり、さらにインジュアリータイムに米国に猛攻撃を許した試合運びのまずさなど、内容的には、もう一つだったが、それを耐えて勝ったところに意義がある。『こういうバタバタした試合に勝てるしぶとさが出てきた。チームがたくましくなっていると思う』と、平尾監督は選手の成長をたたえた(後略)」(サンスポ、サンフランシスコ=永田洋光)。
 
No.363★146 第3回パシフィック・リム選手権第5戦
1998年6月13日 G:ボクサースタジアム R:D.スティール(C) KO 13:00
日本代表2521アメリカ代表
1長谷川 慎(サントリー)6131クリス・リパート
C2薫田 真広(東芝府中)198C2トム・ビラップス
3中村 直人(サントリー)3ジョージ・サッチャー
4桜庭 吉彦(釜石)0T14ルーク・グロス
5田沼 広之(リコー)0G15デイブ・ホッジス
6ロバート・ゴードン(東芝府中)2PG26アレク・パーカー
7グレッグ・スミス(豊田自動織機)0DG07タシ・モンガ
8ロス・トンプソン(NEC)8ロブ・ラムコン
9村田  亙(東芝府中)3T19アンドレ・バショレ
10スティファン・ミルン(鐘淵化学)2G010バエア・アニトーニ
11パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)0PG111ジェイソン・レイベン
12元木 由記雄(神鋼)0DG012トマシ・タカウ
13八ッ橋 修身(神鋼)13ティニ・サウララ
14増保 輝則(神鋼)341714C.D.ラボンティー
15松田  努(東芝府中)15ダン・ケネディ
交代【日】伊藤剛臣(神鋼)⑦、廣瀬佳司(トヨタ)⑩ 【ア】B.フロー①、J.ウォーカー④、K.シューマン⑬  シンビン=トンプソン、元木(日)
得点:Tトンプソン、ツイドラキ、廣瀬、Gミルン、廣瀬、PGミルン2