日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成10年(1998)6月7日 秩父宮ラグビー場
日本代表 16-17 香港代表
攻撃チグハグ、ホームの3試合は全敗
 
 またも競り合いに弱いジャパンの顔が出た。FWが健闘して香港を圧倒していたのに、攻撃がチグハグでトライが取れない。日本は前半2分にPGで先制した。3分に香港C.ゴードンの巧みなキックからトライを許したが、23分にはスクラムを押し込んでNo8トンプソンがトライして、前半を13−10とリードした。後半2分に香港バックスに突破されて逆転トライを許した。日本は13分にPGを返して16−17と1点差に迫る。チャンスはたびたびあるが攻めきれない。ロスタイムに入って日本がゴール前スクラムという絶好のチャンスを得た。PGでも逆転できる。ボールを殺さず攻撃を続ければ、試合終了にはならない。スクラムは絶対有利に組めている。ジャパンは伊藤から村田、⑧→⑨のサインプレーでトライを狙った。サインプレーに気を取られたのか、ジャパンのFWが一番大事なプッシュを忘れた。必死のプッシュをかけた香港に押され、伊藤がファンブルして勝利は夢と消えた。
 
No.362★145 第3回パシフィック・リム選手権第4戦
1998年6月7日 G:秩父宮ラグビー場 R:I.ハイドレイ(C) KO 14:00
日本代表1617香港代表
1長谷川 慎(サントリー)13101ディーン・ハレウィニ
C2薫田 真広(東芝府中)372デイブ・ルイス
3中村 直人(サントリー)3アダム・ケリー
4桜庭 吉彦(釜石)1T14アンドリュー・バー
5田沼 広之(リコー)1G15ロジャー・パターソン
6ロバート・ゴードン(東芝府中)2PG16ジョン・ディングリー
7グレッグ・スミス(豊田自動織機)0DG07ブレント・エドワーズ
8ロス・トンプソン(NEC)C8ポール・ディングリー
9村田  亙(東芝府中)0T19ショーン・オハラ
10スティファン・ミルン(鐘淵化学)0G110クリス・イェイツ
11パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)1PG011ルーク・ナバロ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ナイジェル・.デイカー
13八ッ橋 修身(東芝府中)13ロジャー・.リースン
14増保 輝則(神鋼)91414クリス・ゴードン
15松田  努(東芝府中)15ヴォーン・ゴーイング
交代【日】大畑大介(神鋼)⑭、廣瀬佳司(トヨタ)⑮、溝辺圭司(東芝府中)①、伊藤剛臣(神鋼)⑧ 【香】I.クック②、L.デュリー③、J.ゴードン⑦、S.キッド⑨  シンビン=長谷川(日)
得点:Tトンプソン、Gミルン、PGミルン3