日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成10年(1998)5月23日 香港アバディーン
日本代表 38-31 香港代表
アウェーで初勝利
 
 日本は前半、7分にスミスが先制トライ、10分にSH村田がサイドを突いてトライなど、4トライをあげて26−6と香港を圧倒した。後半には香港に3トライを許し一時は26−24と迫られる。「(前略)いつの間にか26−24と2点差に。しかもマコーミック主将がSOミルンと交差して鼻骨を折って退場し、前の2試合同様、嫌なムードが漂った。しかし、マコーミック主将の発案で『WIN、KEEP、耐えろ』の3つをキーワードにした日本は、36分にスクラムトライを奪って突き放し、40分にはCTB元木が渾身の走りで20mを独走。勝利を不動のものにした。『精神的なもろさが課題だったけど、それをゲームの中で克服してくれた。内容を言えばきりがないが、今日は勝つのが目的。これで、ミスさえしなければ絶対勝てるという確信がもてたと思う』と平尾監督も、難産の末につかんだ勝利に、会心の笑みを見せた」(サンスポ、香港=永田洋光)。
 
No.361★144 第3回パシフィック・リム選手権第3戦
1998年5月23日 G:香港アバディーン R:M.ツイシラ(Sam) KO 16:00
日本代表3831香港代表
1長谷川 慎(サントリー)2661クリス・ノース
2薫田 真広(東芝府中)12252デイブ・ルイス
3中村 直人(サントリー)3アダム・ケリー
4桜庭 吉彦(釜石)4T04アンドリュー・バー
5田沼 広之(リコー)3G05スティーブ・ペングリー
6ロバート・ゴードン(東芝府中)0PG26ジョン・ディングリー
7グレッグ・スミス(豊田自動織機)0DG07ジョン・ゴードン
8ロス・トンプソン(NEC)C8ポール・ディングリー
9村田  亙(東芝府中)2T39スティーブ・キッド
10スティファン・ミルン(鐘淵化学)1G210クリス・イェイツ
11パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)0PG211ルーク・ナバロ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012ナイジェル・.デイカー
C13アンドリュー・マコーミック(東芝府中)13ロジャー・.リースン
14増保 輝則(神鋼)15514クリス・ゴードン
15松田  努(東芝府中)15ボーン・ゴーイング
交代【日】廣瀬佳司(トヨタ)⑬、渡邊秦憲(東芝府中)⑥、伊藤剛臣(神鋼)⑦、八ッ橋修身(神鋼)⑭ 【香】L.クック①、R.パターソン④、B.エドワーズ⑦、C.マレー⑩  シンビン=元木、増保(日)
得点:Tトンプソン3、村田、元木、増保、Gミルン3、廣瀬