日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成10年(1998)5月3日 秩父宮ラグビー場
日本代表 22-30 カナダ代表
「逆転」も一瞬 またもカナダに惜敗
 
 平尾監督の2年目、日本代表はマコーミックを主将に指名した。外国人初の主将である。東芝府中で活躍しているマコーミックは実績も十分、熱いハートと優れた人格は、指導陣にも選手にも厚い信頼を寄せられている。再出発の初戦でカナダに敗れたのは残念だが、トライ数は3対3、接戦で敗れたこういう試合は納得がいく。前半3−6とリードされた日本は、後半10分にトンプソン、22分に元木がトライ、33分にスクラムサイドを突いてスミスがトライして逆転したが、パスミスやインターセプトなどチャンスにミスが出て、再逆転を許した。マコーミック新主将は「積極的にどんどん攻めていこう」と話していたが、その思いがチームに浸透していなかった。パシフィック・リムのレベルでは、許される敗戦は20点差以内。日本は後半に4トライ許した原因を究明し、的を絞った修正練習をすることで、互角の相手に勝てるチーム、競り合いに強いチームに成長してほしい。
 
No.359★142 第3回パシフィック・リム選手権第1戦
1998年5月3日 G:秩父宮ラグビー場 R:J.マクレモア(米) KO 14:05
日本代表2230カナダ代表
1長谷川 慎(サントリー)361エディー・エバンス
2薫田 真広(東芝府中)19242パット・ダンクリー
3中村 直人(サントリー)3ハリー・トウズ
4桜庭 吉彦(釜石)0T04クリス・ウィテカー
5ロバート・ゴードン(東芝府中)0G05グレン・エニス
6渡邊 泰憲(東芝府中)1PG26ジョン・ハッチンソン
7グレッグ・スミス(豊田自動織機)0DG07ダン・バー
8ロス・トンプソン(NEC)8イアン・ゴードン
9堀越 正巳(神鋼)3T39ジョン・グラフ
10岩渕 健輔(神鋼)2G3C10ボビー・ロス
11パティリアイ・ツイドラキ(トヨタ)0PG111コートニー・スミス
12元木 由記雄(神鋼)0DG012カイル・ニコルス
C13アンドリュー・マコーミック(東芝府中)13ジェイソン・ホール
14増保 輝則(神鋼)191814バリー・イブル
15スティファン・ミルン(鐘淵化学)15ジョー・バガノ
交代【日】伊藤剛臣(神鋼)⑥、田沼広之(リコー)⑧ 【カ】B.マッカーシー①
得点:T薫田、元木、スミス、Gミルン、PG増保