日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成9年(1997)6月29日 秩父宮ラグビー場
日本代表 23-41 香港代表
香港に連敗 集中力欠きリード守れず
 
 パシフィック・リム最終戦、日本香港に敗れて1勝5敗で2年連続最下位となった。トライ数は3対5、前半を1トライに抑えながら後半に4トライ奪われる同じパターンが続く。いまがチームづくりの過程であると承知している私も「何とかならないものか」の思いが募る。「残り1分、中央ラックから香港が左オープンに攻めると日本に守る力は残っていなかった。トライ後のゴールも決まり23−41。大会2勝目どころか、香港にホームで初めて黒星を献上する最悪の幕切れだった。試合開始から日本はFWが縦突進を連発。バックスも密集に入りすぎてラインが作れない局面が多く、チグハグな攻撃が目についた。前半5分に、SO岩渕が左肩の脱きゅうで退場したことも影響した。『なかなか思うようにはいかない』と平尾監督。今大会の前後半のスコアをみても、後半の得点は前半の半分近く、失点は倍以上と、後半の体力、集中力に問題があることを露呈した」(サンスポ、吉田宏)。
 
No.358★141 第2回パシフィック・リム選手権第6戦
1997年6月29日 G:秩父宮ラグビー場 R:I.ハイドレイ(C) KO 14:00
日本代表2341香港代表
1高橋 一彰(トヨタ)8101ナイアル・マッカーシー
2坂田 正彰(サントリー)15312アラン・クラーク
3小口 耕平(リコー)3ディーン・ハルウィニ
4桜庭 吉彦(釜石)1T1C4ロジャー・パターソン
5イシケリ・バシャロ(トヨタ)0G15スティーブ・ペングリー
6小泉 和也(神鋼)1PG16ポール・ディングリー
7田沼 広之(リコー)0DG07ブレント・エドワーズ
8中村  航(東京ガス)8スチュアート・クローン
9村田  亙(東芝府中)2T49ワレン・ワーナー
10岩渕 健輔(青学大)1G410カール・マレー
11増保 輝則(神鋼)1PG111ルーク・ナバロ
C12元木 由記雄(神鋼)0DG012ウィーレム・モーンセル
13アンドリュー・マコーミック(東芝府中)13リアス・フレデリクス
14ロペティ・オト(トヨタ)161014クリス・ゴードン
15和田 賢一(東芝府中)15ヴォーン・ゴーイング
交代【日】吉田明(神鋼)⑩、長谷川慎(サントリー)⑥ 【香】N.デーカー⑬、G.クロス①、R.ムイック②、B.ペリン⑤、S.カートライト⑪
得点:T坂田、村田、オト、G村田、PG村田2