日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成9年(1997)6月7日 ボクサースタジアム
日本代表 29-51 アメリカ代表
またもアメリカに敗れる
 
 日本は米国を苦手としている。力は互角に近いと思うのだが、パワフルなプレーに圧倒されて腰が引けてしまうのか、どうしても勝てない。1985年に初対戦で15−16で敗れて以来、1勝1分7敗である。前年度に5−74で大敗しているのを除けば、スコアはいずれも接戦だが負けが続いている。このあたりは日本が国際舞台で競り負ける弱さを感じるところだ。
 この試合でも前半は22−22と同点で折り返しながら、後半に崩されて5トライを奪われた。後半18分にLOの田沼がスタンピング[故意に相手を踏みつけること]の反則で退場させられたことも影響して、最後の10分に3トライを許して敗れたのだが、せめぎ合いを我慢しきれないところに日本の弱さが現れている。元木主将はサンスポに「前半も内容的には押されていた。米国バックスが展開してきたことに対応できなかった」と語っている。
No.356★139 第2回パシフィック・リム選手権第4戦
1997年6月7日 G:ボクサースタジアム R:D.スチィール(C) KO 13:00
日本代表2951アメリカ代表
1浜辺  和(近鉄)22221クリス・リパート
2薫田 真広(東芝府中)7292ショーン・アレン
3小口 耕平(リコー)3ビル・ルクラーク
4桜庭 吉彦(釜石)3T44クリフ・ヴォーグル
5田沼 広之(リコー)2G15ルーク・グロス
6中村  航(東京ガス)1PG06ジェイ・ウィルカーソン
7伊藤 剛臣(神鋼)0DG07マイケル・マクロウド
8ロバート・ゴードン(東芝府中)C8ダン・ライル
9村田  亙(東芝府中)1T59アンドレ・バシェレ
10岩渕 健輔(青学大)1G210マット・アレクサンダー
11和田 賢一(東芝府中)0PG011ブライアン・ハイタワー
C12元木 由記雄(神鋼)0DG012マーク・シャレンパーグ
13アンドリュー・マコーミック(東芝府中)13ジュアン・グロブラー
14小山田 淳(東芝府中)131514バエア・アニトーニ
15今泉  清(サントリー)15マイカ・シカ
交代【日】小泉和也(神鋼)⑦、イシケリ・バシャロ(トヨタ)④、坂田正彰(サントリー)⑧ 【ア】R.レーナー③、K.シューマン⑬、J.ウォーカー⑥  退場=田沼
得点:Tゴードン、村田、今泉、坂田、G村田3、PG村田