日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成8年(1996)7月13日 サンダーバード
日本代表 30-51 カナダ代表
日本代表カナダに力負け
 
 最終戦を待たずに優勝を決めているカナダに、日本代表は意地を見せようと挑んだが、30−51と力負けし、2勝4敗で香港と並んだが、勝ち点差で最下位に沈んだ。第1回パシフィック・リム選手権は、この大会が日本にとって今後非常に重要であること、強化の成果をみる重要なバロメーターになることを教えてくれた。
 この試合に山本監督は元木主将をSO、すなわちゲームメーカーとして起用し、起死回生を図った。6日のアメリカ戦で、廣瀬が前半21分に負傷退場し、SHの永友をSOに起用して急場をしのいだ。この起用は、元木の判断力と強い精神力をチームに注入したいという意図によるものだ。結果はカナダから4トライを奪い、攻撃面で成果を見せたが、6トライを奪われた防御の改善は図れなかった。
 
No.349★134 第1回パシフィック・リム選手権第6戦
1996年7月13日 G:サンダーバード R:E.ソレンセン(米) KO 14:00
日本代表3051カナダ代表
1中道 紀和(神鋼)18221ロッド・スノー
2坂田 正彰(サントリー)20292マーク・カーディナル
3浜辺  和(近鉄)3エディー・エバンス
4佐藤 憲治(近鉄)2T24マイク・ジェームス
5デビッド・ビックル(神鋼)1G05トニー・ヒーリー
6梶原 宏之(勝沼クラブ)2PG46アル・シャロン
7ブルース・ファーガソン(日野自動車)0DG07ジョン・ハッチンソン
8伊藤 剛臣(神鋼)8コリン・マッケンジー
9村田  亙(東芝府中)2T49クリス・タイナン
C10元木 由記雄(神鋼)1G310ボビー・ロス
11増保 輝則(神鋼)0PG111スティーブ・グレイ
12吉田  明(神鋼)0DG0C12ジョン・グラフ
13八ッ橋 修身(天理大)13ガレス・リーズ
14尾関 弘樹(サントリー)191514デーブ・ローヒード
15松田  努(東芝府中)15スコット・スチュアート
交代【カ】S.リトン⑫、W.スタンリー⑭
得点:Tビックル、八ッ橋、、尾関、松田、G村田2、PG村田2