日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成8年(1996)6月9日 秩父宮ラグビー場
日本代表 18-45 カナダ代表
カナダに敗れ日本2敗
 
 日本は前半にミスを突かれて奪われた3トライが最後まで重くのしかかり、ペースをつかめないまま香港戦に続いて連敗した。後半2分、元木から増保への飛ばしパスが決まってトライ、さらに11分速い展開から元木が飛び込んでトライ、18−25と7点差に追いすがって期待をもたせたが、日本の反撃はここまで。カナダに2トライ、2G、2PGを加点されて18−45で敗れた。トライ数2対5、日本は前半に失った3トライが直接的な敗因といえる。
 この日のミスはスキルのミスでなく、ノックオンなどでプレーを止めてしまうところに原因があった。どこのチームでも“笛がなるまでプレーしろ!”とコーチにやかましく言われているはずなのだが。レフリーが見逃したと思われる痛い失点もあった。だが、ラグビーはレフリーの判定が絶対だ。アドバンテージルールもある。自分で判定して足を止めた痛い敗戦を繰り返してはならない。
 
No.346★131 第1回パシフィック・リム選手権第3戦
1996年6月9日 G:秩父宮ラグビー場 R:R.ミッチェル(香) KO 14:00
日本代表1845カナダ代表
1木村 賢一(トヨタ)6251エディー・エバンス
2薫田 真広(東芝府中)12202マーク・カーディナル
3高橋 一彰(トヨタ)3ロッド・スノー
4佐藤 憲治(近鉄)0T34トニー・ヒーリー
5デビッド・ビックル(神鋼)0G25マイク・ジェームス
6梶原 宏之(勝沼クラブ)2PG26イアン・ゴードン
7ブルース・ファーガソン(日野自動車)0DG07ジョン・ハッチンソン
8伊藤 剛臣(神鋼)8コリン・マッケンジー
9村田  亙(東芝府中)2T2C9ジョン・グラフ
10廣瀬 佳司(トヨタ)1G210ボビー・ロス
11増保 輝則(神鋼)0PG211コートニー・スミス
C12元木 由記雄(神鋼)0DG012スティーブ・グレイ
13吉田  明(神鋼)13ロン・トゥズ
14ロペティ・オト(トヨタ)81514ショーン・リトン
15松田  努(東芝府中)15ジュリアン・ラブディ
交代【日】浜辺和(近鉄)③、坂田正彰(サントリー)② 【カ】C.ミチャラク⑧
得点:T増保、元木、G廣瀬、PG廣瀬2