日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成8年(1996)5月11日 秩父宮ラグビー場
日本代表 34-27 香港代表
“新生”日本香港に辛勝
 
 山本巌監督の初戦に、日本香港を破って白星スタートを切った。トライ数は日本の3対4。SO廣瀬の1T、2G、4PG、1DGと一人で24点を稼ぐ大活躍に救われた感があった。勝利の喜びを味わいながらも、ミスがからんで香港に与えた4トライが反省させられる。
「『勝ってよかった。ホッとしています』。一人で24点を叩き出した廣瀬、初キャップでトライをあげた伊藤、3トライすべてにからんだSH村田が声をそろえた。山本監督、元木主将体制で初のテストマッチは、香港戦史上最多失点での辛勝。(中略)廣瀬は昨年のW杯で、平尾の電撃復帰によりレギュラーから外された苦い経験がある。一度抜かれても追うタックル、25mを走りきったチーム初トライは『まだ日本を代表する選手になっていないという自覺』が生んだもの。トヨタでの新人研修と代表合宿を往復しながら、今度こそジャパンの司令塔定着を狙う」(スポニチ、中出健太郎)。
 
No.344★129 第1回パシフィック・リム選手権第1戦
1996年5月11日 G:秩父宮ラグビー場 R:I.ハイドレイ(C) KO 14:00
日本代表3427香港代表
1中道 紀和(神鋼)15131ロブ・グリンドレー
2薫田 真広(東芝府中)19142アラン・クラーク
3高橋 一彰(トヨタ)3デビッド・ルイス
4桜庭 吉彦(釜石)0T2C4ロジャー・パターソン
5デビッド・ビックル(神鋼)0G05スチュアート・クローン
6梶原 宏之(勝沼クラブ)4PG16ジョン・ディングズレー
7ブルース・ファーガソン(日野自動車)1DG07リチャード・シャトルワース
8伊藤 剛臣(神鋼)8デュアン・デービス
9村田  亙(東芝府中)3T29スティーブン・キッド
10廣瀬 佳司(トヨタ)2G210ボーン・ゴーイング
11増保 輝則(神鋼)0PG011マーク・ソロモン
12アンドリュー・マコーミック(東芝府中)0DG012ロドニー・マッキントッシュ
C13元木 由記雄(神鋼)13ロバート・サントス
14尾関 弘樹(サントリー)131114イシ・ツイバイ
15松田  努(東芝府中)15リチャード・ムイック
交代【日】渡邊秦憲(日体大)④
得点:T廣瀬、伊藤、松田、G廣瀬2、PG廣瀬4、DG廣瀬