日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成7年(1995)2月11日 瑞穂ラグビー場
日本代表 16-47 トンガ代表
トンガに大敗
 
No.333★123 トンガ代表第1回来日第1戦
1995年2月11日 G:瑞穂ラグビー場 R:G.ガディオビッチ(C) KO 14:00
日本代表1647トンガ代表
1佐藤 康信(東芝府中)9131タカウ・ルトゥア
2弘津 英司(神鋼)7342フェアオ・ヴニポラ
3高橋 一彰(トヨタ)3トゥアカラウ・フコフ
4赤塚  隆(明大)0T24ファラマニ・マフィ
5ブルース・ファーガソン(日野自動車)0G05ポウヴァル・ラトゥケフ
6井沢  航(大東大)3PG16フェレティ・マホニ
7羽根田 智也(ワールド)0DG07イポリト・フェヌキタウ
8シナリ・ラトゥ(三洋電機)C8マナ・オタイ
9永友 洋司(明大)1T59マヌー・ヴニポラ
C10松尾 勝博(ワールド)1G310エリシ・ヴニポラ
11吉田 義人(伊勢丹)0PG111テヴィタ・マナコ
12元木 由記雄(神鋼)0DG012フェラニシ・マヌキア
13藤掛 三男(ワールド)13ペネイリ・ラトゥ
14郷田  正(九電)9914アラスカ・タウファ
15前田 達也(NTT関西)15サテキ・トゥイプロトゥ
交代【ト】U.ファ①
得点:T藤掛、G永友、PG永友3

 
 日本はともに第3回W杯出場を決めているトンガを招聘して、強化を兼ねるテストマッチを行った。前半永友の2PGでリードしたが、前半34分にFWの突進からFBトゥイプロトゥがトライ、終了間際に郷田が突進した攻撃ボールをマナコにターンオーバーされてトライを許し、前半を9−13とリードされた。後半に入るとトンガペースとなり、5トライを許して完敗した。日本はW杯出場を決めてほっとしたのか、固い試合運びから勝利を狙ったのか、攻守ともに消極的なプレーが多く、のびのびとパワフルに戦ったトンガの勢いにのみ込まれた。もう一段ステップアップしようとするときに、力を抜いたようなプレーが出る。日本の欠点はいつになったら修正されるのか。世界は日本がベストプレーをして勝てるかどうかという相手ばかりだ。もちろんすべて勝てるはずもない。負けてもいいのだが、力を出しきって接戦に持ち込まなければチーム力の向上につながらない。