日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成6年(1994)10月29日 チェラス
日本代表 26-11 韓国代表
日本W杯切符、韓国に快勝
 
 日本は第14回アジア大会兼W杯予選で、強敵韓国にトライ数2対1で競り勝ってW杯3大会連続の出場権を獲得した。小藪監督は「負けないという気力はたいしたものだった。これで本当にアジアのナンバー1になれた」と声を詰まらせた。FW、BK一体となった連続攻撃から、エース吉田が2トライをあげて気を吐いた。初キャップの廣瀬佳司が2G、4PGをあげて勝利に貢献した。「前半の終わりごろになって、両ラトウ、梶原らがよく動き、タテ突進からサイドへの攻撃パターンが決まりだした。この“タテ、タテ、ヨコ”は2月からずっと練習してきた攻撃で、特に後半にいろいろなフォーメーションが使えたのは、大きな収穫。まさに筋書き通りの試合運びだった。ひとつ心配だったのは、リードしたジャパンの気の緩みだったが、最後まで力を抜かずにやり切った。W杯での対戦は強敵ばかりだが、もう一度徹底して日本ラグビーを強化したい」(サンスポ、白井善三郎強化委員長)。
 
No.332★122 第14回アジア大会兼第3回RWC予選(マレーシア)決勝
1994年10月29日 G:チュラス(クアラルンプール) R:P.オブライエン(NZ) KO 17:45
日本代表2611韓国代表
1太田  治(NEC)1301朴 星圭
C2薫田 真広(東芝府中)13112金 亨埃
3田倉 政憲(三菱京都)3李 管熙
4桜庭 吉彦(釜石)1T04姜 銅鎬
5ブルース・ファーガソン(日野自動車)1G05金 広済
6梶原 宏之(勝沼クラブ)2PG06曹 珍植
7シナリ・ラトゥ(三洋電機)0DG07金 栄春
8シオネ・ラトゥ(大東大)8李 根旭
9堀越 正巳(神鋼)1T19盧 哲基
10廣瀬 佳司(京産大)1G010宋 永寿
11吉田 義人(伊勢丹)2PG211龍 煥明
12元木 由記雄(神鋼)0DG012趙 斗煥
13武山 哲也(サントリー)13金 允基
14増保 輝則(神鋼)121414雀 彰烈
15松田  努(東芝府中)15柳 正炫
交代【韓】孫在亨⑦キャプテン不明
得点:T吉田2、G廣瀬2、PG廣瀬4