日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成3年(1991)10月5日 マレーフィールド
日本代表 9-47 スコットランド代表
スコットランドに力負け
 
 宿沢ジャパンのW杯第1戦は、地元開催で張りきるスコットランドが実力を発揮、必死に挑んだ日本を一蹴した。日本は前半、細川のDG、スクラムからF1[FB細川が1CTB平尾の横にライン参加して突破するプレー]を、鮮やかに決めてトライを奪うなど9−17と堂々と渡り合ったが、後半は守勢のまま力尽きて9−47で完敗した。スコットランドのFWは予想どおり強力だった。ジェフリー、コールダー、ホワイトの第3列はブリティシュライオンズ[英4ヵ国代表]の豪州遠征に揃って選ばれた190cm以上の自慢のFW。この3人を軸に縦攻撃で攻め込みBKに散らす理詰めの攻撃に日本はお手上げ。
 テレビ解説のため現地で観戦した私も、実力差を認めざるを得なかった。日本は前半終了間際にFB細川がトライを奪ったのが唯一の慰めであった。ローマは一日にして成らず。日本はこの実力差を次回W杯までに、何としても20点差にしなければならない。
 
No.300★112 第2回ラグビーワールドカップ(イングランド他)第1戦
1991年10月5日 G:マレーフィールド(エジンバラ) R:E.モリソン(E) KO 15:00
日本代表947スコットランド代表
1太田  治(日本電気)917C1デビッド・ソール
2薫田 真広(東芝府中)0302ジョン・アラン
3田倉 政憲(三菱京都) 3ポール・バーネル
4林  敏之(神鋼)1T34クリス・グレイ
5エケロマ・ルアイウヒ(ニコニコドー)1G15ドディー・ウィーア
6梶原 宏之(東芝府中)0PG16ジョン・ジェフリー
7中島 修二(日本電気)1DG07フィンレー・コールダー
8シナリ・ラトゥ(三洋電機)8デレク・ホワイト
9村田  亙(東芝府中)0T49ゲイリー・アームストロング
10松尾 勝博(ワールド)0G410クレイグ・チャーマーズ
11吉田 義人(伊勢丹)0PG211イワン・ツカロ
C12平尾 誠二(神鋼)0DG012ショーン・リニーン
13朽木 英次(トヨタ)13スコット・ヘイスティング
14増保 輝則(早大)10914トニー・スティンジャー
15細川 隆弘(神鋼)15ギャビン・ヘイスティング
交代【ス】D.ワイリー⑩、D.ミルン①
得点:T細川、G細川、DG細川