日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成3年(1991)5月4日 シカゴ
日本代表 15-27 アメリカ代表
1トライに封じられて連敗
 
日本は立ち上がり1分30秒に初キャップのFB前田が先制PGを決めて3−0とリードしたが、その直後にPGを返され、さらにアメリカSOのデジョンのハイパントから1トライを奪われ、なかなかリズムに乗れない。前田はその後も2PGを決め、9−9まで追いついたが、その後のPGチャンスに『力んでヘッドアップしてしまって……』いずれも失敗。逆に2PGを加えられ、リードされたままで前半を終えた。アメリカは、後半に入ってもFWの勢いが衰えず、ラインアウトから直接2トライを奪うなど、日本にラグビーをやらせない。日本も終了間際に前田→WTB吉田で自陣スクラムからブラインドサイドを攻め、1トライを返しさらに果敢に攻め続けたが、反撃もそこまで。『改めて日本の課題が浮き彫りにされた感じですね。ボールの獲得という面では非常に暗い旅です』と白井強化委員長もガックリ肩を落とした」(ラグマガ、永田洋光特派員)。
 
No.293★109 アメリカカナダ遠征1991第3戦
1991年5月4日 G:シカゴ R:モリソン(C) KO時間不明
日本代表1527アメリカ代表
1太田  治(日本電気)9151ランス・マンガ
2藤田  剛(日本IBM)6122トニイ・フレイ
3高橋 一彰(トヨタ)3フレッド・パオリ
C4大八木 淳史(神鋼)0T14ケビン・スウォーズ
5エケロマ・ルアイウヒ(ニコニコドー)0G15ビル・リバシー
6梶原 宏之(東芝府中)3PG36トニー・リドネル
7中島 修二(日本電気)0DG07ロブ・フェアリー
8シナリ・ラトゥ(三洋電機)C8ブライアン・ヴィザード
9堀越 正巳(神鋼)1T39バリー・デイリー
10青木  忍(リコー)1G010マイク・デジョン
11吉田 義人(伊勢丹)0PG011クリス・ウィリアムズ
12元木 由記雄(明大)0DG012ジョー・バーク
13朽木 英次(トヨタ)13マーク・ウィリアムズ
14増保 輝則(早大)6914ケビン・ヒンギス
15前田 達也(NTT関西)15ビル・ヘイワード
交代【ア】M.サウィッキー⑤
得点:T吉田、G前田、PG前田3