日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成3年(1991)4月27日 ミネアポリス
日本代表 9-20 アメリカ代表
アメリカに逆転負け
 
 日本代表は秋の本番に向かってチームを磨き上げる場にアメリカカナダ遠征を選んだ。パワフルな相手に80分力を出しきれるチームづくりを目指して。試合を観戦できないのでラグマガ、永田洋光のリポートを引用する。「前半をあえて風下に陣取り、9点差をつけられながらも、じっと日本の出方をうかがっていたアメリカが、後半に入ったとたん、一気に猛反撃を開始した。2分、日本陣ゴール前スクラムをプッシュ、反則を誘ってPG成功。6分にはタックルド・ボールを拾ったM.ウィリアムズがトライ。あっという間に9点のリードが2点に縮まった。前半からFW戦で優位に立っていたアメリカは、強風を利用して後半のほとんどを日本陣でプレー。その後2T、1G、1DGを加えて第1戦をモノにした。日本は風上の前半、細川の2PG、松尾の48メートルDGで9点を上げたが、ラインアウトを筆頭にFWが力負けし、思ったより攻められなかった」。ノートライに終わった日本に不安が残る。
 
No.291★108 アメリカカナダ遠征1991第1戦
1991年4月27日 G:ミネアポリス R:L.ビアード(W) KO時間不明
日本代表920アメリカ代表
1高橋 一彰(トヨタ)901クリス・リバート
2藤田  剛(日本IBM)0202トニイ・フレイ
3田倉 政憲(三菱京都) 3ノーマン・モットラム
4林  敏之(神鋼)0T04ケビン・スウォーズ
5エケロマ・ルアイウヒ(ニコニコドー)0G05ビル・リバシー
6梶原 宏之(東芝府中)2PG06デニス・ゴンザレス
7中島 修二(日本電気)1DG07ロブ・フェアリー
8大内 寛文(龍谷大)C8ブライアン・ヴィザード
9村田  亙(東芝府中)0T39バリー・デイリー
10松尾 勝博(ワールド)0G110マーク・デジョン
11吉田 義人(伊勢丹)0PG111ゲイリー・ハイン
C12平尾 誠二(神鋼)0DG112ジョー・バーク
13朽木 英次(トヨタ)13マーク・ウィリアムズ
14郷田  正(九電)91514ケビン・ヒンギス
15細川 隆弘(神鋼)15レイ・ネルソン
交代【日】元木由記雄(明大)⑫
得点:PG細川2、DG松尾