日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成2年(1990)4月15日 秩父宮ラグビー場
日本代表 11-37 西サモア代表
西サモアに敗れW杯はBグループ
 
 西サモアはW杯でもベスト8入りが有力な強豪だ。日本も予選突破を確実にして、思いきってのチャレンジだったが壁は厚かった。W杯出場を決めた日本は、左肩を痛めた平尾を休ませ藤田がゲームキャプテンを務めた。
 日本サモアのFWのパワーに苦しみ、結局6トライを許して完敗した。前半に4トライを取られて4−25と差をつけられ、このままずるずると大敗するかと思われたが、後半は立て直してトライ数1対2で7−12と健闘した。このあたりが日本の進歩といえる。日本は連続攻撃から吉田が決める“トライを取る形”ができ、吉田はテストマッチ6試合連続トライをあげた。
 日本はアジア太平洋地域2位でW杯に出場、本大会でスコットランドアイルランド、両強のどちらかを倒せばジンバブエに勝って決勝トーナメント出場という夢がふくらんできた。宿沢ジャパン頑張れ!
 
No.282★105 第2回RWCアジア太平洋地区予選(日本)第3戦
1990年4月15日 G:秩父宮ラグビー場 R:B.スターリング(I) KO 14:45
日本代表1137西サモア代表
1太田  治(日本電気)425C1ピーター・ファティアロファ
C2藤田  剛(日本IBM)7122スタン・トゥマラタイ
3田倉 政憲(三菱京都) 3アファ・レウウ
4林  敏之(神鋼)1T44ピーター・レアバイ
5大八木 淳史(神鋼)0G35ペレイウプ・フワタイ
6梶原 宏之(東芝府中)0PG16シラ・バイファレ
7中島 修二(日本電気)0DG07ダニー・カレオパ
8シナリ・ラトゥ(三洋電機)8デービッド・シュスター
9渡辺 晴弘(中大OB)1T29ミロバレ・モケ
10松尾 勝博(ワールド)0G210フィリポ・サエナ
11吉田 義人(明大)1PG011トゥポ・ファーマシノ
12朽木 英次(トヨタ)0DG012ケネティ・シオ
13吉永 宏二郎(マツダ)13トォ・マノオ
14郷田  正(早大)122314ティモン・タガロア
15細川 隆弘(神鋼)15アネテレア・アイヨルポ
交代【日】高橋一彰(トヨタ)①、薫田真広(東芝府中)② 【西】S.レマメヤ⑤、平尾主将欠場で、藤田がゲームキャプテン
得点:T藤田、吉田、PG細川