日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
平成2年(1990)4月11日 秩父宮ラグビー場
日本代表 26-10 韓国代表
RWC本大会へ出場権獲得
 
 韓国の出足、気迫はすごかった。前半4分ハイパントからHO金亨埈がトライ、23分インターセプトした金淵基が80m走りきってトライ、慎昌奎Gで0−10とリードした。40分日本韓国スクラムのボールを奪い細川がトライ、ゴールも決め前半を6−10で折り返した。日本はこのトライで立ち直り、後半は日本ペース。4分PKから展開して朽木が抜いて吉田が左隅にトライして同点。14分韓国のキックを細川、吉田がカウンターアタック、平尾を好フォローしたラトウが拾ってトライ、細川がG。さらに22分、30分と細川がPGで加点。33分にもラックから連続攻撃、細川が左隅にトライを決めて26−10で韓国を振りきった。
「私自身、韓国に敗れた経験がありこわさは身をもって知っている。前半はそのまずいパターンが出て、イヤな感じになったが、逆転できたのは日本の地力が韓国を上回ったから。心から敬意を表し、雪辱に感謝したい」(サンスポ、日比野弘前日本代表監督)。
 
No.281★104 第2回RWCアジア太平洋地区予選(日本)第2戦
1990年4月11日 G:秩父宮ラグビー場 R:G.シモンズ(W) KO 14:45
日本代表2610韓国代表
1太田  治(日本電気)6101具 東春
2藤田  剛(日本IBM)2002金 享埈
3田倉 政憲(三菱京都)3徐 人龍
4大八木 淳史(神鋼)1T24安 炳準
5エケロマ・ルアイウヒ(ニコニコドー)1G15金 広済
6梶原 宏之(東芝府中)0PG06千 汶烈
7中島 修二(日本電気)0DG07金 栄春
8シナリ・ラトゥ(三洋電機)C8金  鉉
9堀越 正巳(早大)3T09鄭 胤弼
10松尾 勝博(ワールド)1G010慎 昌奎
11吉田 義人(明大)2PG011崔 錫済
C12平尾 誠二(神鋼)0DG012徐 天悟
13朽木 英次(トヨタ)13金 淵基
14郷田  正(早大)41514柳 湊恒
15細川 隆弘(神鋼)15趙 成哲
交代【韓】李進煥⑦、崔彰烈⑪
得点:T細川2、吉田、ラトゥ、G細川2、PG細川2