日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和62年(1987)10月25日 花園ラグビー場
日本代表 0-74 NZ代表
ボールが取れずにお手上げ
 
 第1回のW杯を制して名実ともに世界一になったNZオールブラックスが、日本で初めてそのベールを脱いだ。日本代表はまなじりを決してぶつかったが、前半3トライに抑えて0−20で折り返したまでが精一杯。後半は完全にノックアウトされた。“ボールを取らせてもらえない”のだから試合にならなかった。「スピード、パワー、テクニックとすべてにおいて明確な力の差を見せつけたオールブラックスが、日本代表に全く試合をさせず大差の勝利を収めた。(中略)後半に入ってからは、オールブラックスが本領を発揮し、9トライ(9ゴール)をあげて、結局74−0と一方的に日本代表を下した。試合後、日比野監督は『オールブラックスには全く何もさせてもらえなかった。世界との大きな距離を痛感するだけです』と、完敗の言葉を述べていた。チームとしても、個人としても、格段の違いがあるオールブラックスの底知れぬ実力に、ため息がもれるばかりだった」(ラグマガ)。
 
No.262★97 NZ代表オールブラックス第1回来日第2戦
1987年10月25日 G:花園ラグビー場 R:C.ハイ(E) KO 14:00
日本代表074NZ代表
1八角 浩司(トヨタ)0201ステイーブ・マクドゥウェル
2藤田  剛(日新製鋼)0542ショーン・フィッツパトリック
3相沢 雅晴(リコー) 3リチャード・ロー
C4林  敏之(神鋼)0T34ブレント・アンダーソン
5大八木 淳史(神鋼)0G15ギャリー・ウェットン
6桜庭 吉彦(釜石)0PG26ジンザン・ブルック
7越山 昌彦(山梨教員)0DG07マイク・ブリューワー
8シナリ・ラトゥ(大東大)C8ウェイン・シェルフォード
9生田 久貴(三菱商事)0T99ブルース・ディーンズ
10松尾 勝博(ワールド)0G910フラノ・ポティカ
11沖土居 稔(サントリー)0PG011テリー・ライト
12平尾 誠二(神鋼)0DG012ジョン・シェスター
13朽木 英次(トヨタ)13バニー・マッカーヒル
14吉野 俊郎(サントリー)10314ジョン・カーワン
15向井 昭吾(東芝府中)15ジョン・ギャラハー