日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和62年(1987)10月3日 国立競技場
日本代表 12-24 アイルランド学生代表
ミーツ監督の術中にはまる
 
No.261★96 アイルランド学生代表来日第5戦
1987年10月3日 G:国立競技場 R:C.ディンティ(NZ) KO 19:00
日本代表1224アイルランド学生代表
1木村 敏隆(ワールド)661レイ・ウォード
2広瀬  務(同大) 6182パディ・ケニー
C3林  敏之(神鋼)3ジョン・フィーハン
4桜庭 吉彦(釜石)1T04ジョン・コルクロー
5大八木 淳史(神鋼)1G05ジョン・コリンズ
6宮本 勝文(同大)0PG26ドナル・シーハン
7宗雲 克美(トヨタ)0DG07デービッド・コーヒー
8シナリ・ラトゥ(大東大)8マーク・イーガン
9生田 久貴(三菱商事)0T29シャーン・オバーン
10平尾 誠二(神鋼)0G210ポール・ベル
11沖土居 稔(サントリー)2PG011オウェン・ハウレット
12朽木 英次(トヨタ)0DG212レイ・ハーナン
13吉永 宏二郎(マツダ)C13ジョン・ムルホール
14村井 大次郎(丸紅)4814ジョン・セクストン
15向井 昭吾(東芝府中)15ファーガス・ダンリー
交代【ア】B.ブライアン・マレー④
得点:T沖土居、G平尾、PG沖土居2

 
 私が日本代表の強化委員長・監督に復帰しての第1戦だが、日本代表は全早大が勝ったアイルランド学生代表に敗れるという不甲斐ない結果となった。「ア学生は上背で勝るラインアウトでボールをキープし、SOベルのショートパントでFWを確実に前へ運ぶ。モールをもんで日本FWの消耗を誘い、SHオバーンのPG、SOベルのDGだけで日本のリードを食い止めながら終了間際の爆発。何よりもFW、バックスともに出足が素晴らしく、前へ出てのタックルを欠かさなかったから、ゴール前の不安はほとんどなかった(後略)」(毎日、大野晃)。外国勢にはいつも『力とスピードにやられた』と思うが、この試合では私はアイルランド代表監督だったロリー・ミーツ監督にやられたと実感している。ラインアウトの後方に投げ、日本のディフェンダーをモールに巻き込み、SOベルが得意のDGを再三狙ってきた、意図的な戦い方に敗れた私のコーチングが責められるべきである。