日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和62年(1987)5月30日 シドニー
日本代表 7-60 イングランド代表
イングランドに完敗
 
 日本代表の第2戦は舞台をシドニーに移して行われたが、残念ながら日本は本領を発揮したイングランドに完敗を喫した。「私の予想は日本の12−36、それより点差が少ない結果になることを期待していたが、まさかここまで粉砕されるとは思わなかった。試合前に君が代を聞くフィフティーンの表情を見て、『きょうはやるな』という予感がした。が、一進一退の前半、三つ狙ったPGのうち一つしか決められなかったのが、その後の試合運びに影響を残した。後半はFW戦で後手に回り、イングランドのタテへ持ち出してから横へ散らすパターンにほんろうされ、計10トライを奪われてしまった。(中略)53点という点差が、両国の差そのままとは思えない。国の威信をかけたイングランドが力以上のものを出し、日本は流れが悪いほうに傾いてしまった感じだ。次の豪州戦を思うと気が重いが、各自が思い切って自分の役割を果たすだけだ」(サンスポ、『ノーサイド』日比野弘)。
 
No.259★94 第1回ラグビーワールドカップ(NZ・豪州)第2戦
1987年5月30日 G:シドニー R:ウールケ(F) KO 15:00
日本代表760イングランド代表
1木村 敏隆(ワールド)3161ポール・レンダル
2藤田  剛(日新製鋼)4442ブライアン・ムーア
3洞口 孝治(釜石)3ガレス・チルコット
4大八木 淳史(神鋼)0T24ナイジェル・レッドマン
5栗原 誠治(サントリー)0G15スティーブ・ベインブリッジ
6宮本 勝文(同大) 1PG26ピーター・ウインターボトム
C7林  敏之(神鋼)0DG07ゲイリー・リーズ
8千田 美智仁(釜石)8ディーン・リチャーズ
9萩本 光威(神鋼)1T89リチャード・ハーディング
10平尾 誠二(神鋼)0G610ピーター・ウィリアムズ
11大貫 慎二(サントリー)0PG011ローリー・アンダーウッド
12松尾 勝博(ワールド)0DG012ジェミー・サーモン
13朽木 英次(トヨタ)13ケビン・シムズ
14ノフォムリ・タウモエフォラウ(東京三洋)813C14マイク・ハリソン
15村井 大次郎(丸紅)15ジョン・ウエップ
交代【イ】R.アンドリュー⑩、F.クロー⑬
得点:T宮本、PG松尾