日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和61年(1986)5月31日 マードック
日本代表 9-9 アメリカ代表
惜しい! 日本 一度は逆転もドロー
 
 日本は北米遠征でアメリカをノートライに抑えたが、惜しくも引き分けに持ち込まれた。
「『日本ガンバレ!』『カモン、イーグルス!』今遠征最大、5千観衆が真っ二つに分かれ、日本語と英語の声援が飛びかうなか、ショートパントを上げた大貫が、まっしぐらに突っ走ったゴールライン右隅わずかなところで、つぶされた瞬間、フィッツジェラルド主審のノーサイドの笛が鳴った。じりじりとカリフォルニアの暑い太陽が照りつける下で、イーグルスは徹底したFW攻撃で、日本をゆさぶった。主役のバーリンガムが、ヴィザードが……。190cm、100kg台の巨漢の突進を日本は、ひたすらタックルで食い止め、ついにゴールラインを割らせなかった。172cm、70kgと小さいほうから数えたほうが早いCTB朽木はマークのヒンギス(180cm、86kg)を三度も仰向けに倒した。『タックルしかありません』という朽木のことばが、この日の日本の健闘を物語っていた(後略)」(サンスポ、田中浩特派員)。
 
No.242★88 アメリカカナダ遠征1986第6戦
1986年5月31日 G:マードック R:フィッツジェラルド(A) KO 15:00
日本代表99アメリカ代表
1太田  治(明大)031ランス・マンガ
2藤田  剛(日新製鋼)962ジョン・エバレット
3相沢 雅晴(リコー) 3フレッド・パオリ
C4林  敏之(神鋼)0T04ボブ・コージー
5大八木 淳史(神鋼)0G0C5エド・バーリンガム
6小西 謹也(近鉄)0PG16ウィレット・エバレット
7ホポイ・タイオネ(東京三洋)0DG07ブレン・ワーハースト
8千田 美智仁(釜石)8ブライアン・ヴィザード
9小西 義光(サントリー)1T09デイブ・ディクソン
10松尾 勝博(同大)1G010ジョー・クラークソン
11ノフォムリ・タウモエフォラウ(東京三洋)1PG211マイク・パーセル
12平尾 誠二(神鋼)0DG012デニス・シャナハー
13朽木 英次(トヨタ)13ケビン・ヒンギス
14大貫 慎二(サントリー)13814デイブ・ジェンキンソン
15向井 昭吾(東芝府中)15レイ・ネルソン
得点:Tノフォムリ、G平尾、PG平尾