日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和60年(1985)5月26日 長居陸上競技場
日本代表 13-48 アイルランド代表
日本代表歯が立たず
 
 5ヵ国対抗トリプルクラウンのアイルランドがベストメンバーで試合に臨んだ。ノンキャップはFLのケニーひとり。48キャップのオールを筆頭に190キャップの豪華メンバーに走りまくられて8トライを奪われた。朝日新聞の見出しには『力も技も足も大差』とある。
 前半6分、アイルランド日本ボールのラインアウトを取ってキアナン、リングランドと渡りトライ。25分、FB向井が好ステップで突進し、ライン攻撃に移ったところをアイルランドがタックルして逆襲、ディフェンスの乱れをついてリングランドが右隅にトライ。この後も攻撃の手を緩めず計8トライを奪った。日本も必死に抵抗したが、石山、小西の2トライにとどまり、大貫の快走はゴール前で阻まれた。結局13−48でアイルランドが力の差を見せつけた。残念だが、朝日の見出しどおり、パワーもスキルもスピードも大きな差があったのだろう。
 
No.226★84 アイルランド代表第1回来日第3戦
1985年5月26日 G:長居陸上競技場 R:D.ベバン(W) KO 16:15
日本代表1348アイルランド代表
1石山 次郎(釜石)3231フィリップ・オール
2藤田  剛(日新製鋼)1025C2キラン・フィッツジェラルド
C3洞口 孝治(釜石) 3ジェイムス・マッコイ
4林  敏之(神鋼)0T44ドナル・レニハン
5大八木 淳史(神鋼)0G25ウィリアム・アンダーソン
6越山 昌彦(山梨教員)1PG16フィリップ・マシューズ
7河瀬 秦治(東芝府中)0DG07パディ・ケニイ
8千田 美智仁(釜石)8ブライアン・スピレーン
9小西 義光(サントリー)2T49マイケル・ブラッドリー
10本城 和彦(サントリー)1G310ポール・ディーン
11村井 大次郎(丸紅)0PG111キーツ・クロッサン
12平尾 誠二(同大OB)0DG012マイケル・キアナン
13吉野 俊郎(サントリー)13ブレンダン・ミューリン
14大貫 慎二(サントリー)81114トレバー・リングランド
15向井 昭吾(東芝府中)15ヒューゴ・マクニール
得点:T石山、小西、G本城、PG本城