日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和59年(1984)10月27日 福岡春日球技場
日本代表 20-13 韓国代表
アジア王座を奪回
 
 フランス戦を最後に日本代表監督を退いた私の後任に、宮地克実が就任し、福岡で開催された第9回アジア大会に日本韓国に雪辱して8回目の王座に返り咲いた。トライ数は3対1で順当な勝利であったが、結果はわずか7点差、日本はその後NECで活躍した韓国SHの韓東浩、SO文永燦に苦しめられた。
 日本韓国に平均で14kg上回る重量FWのタテ突進で大八木、千田、戸嶋の3トライをもぎ取って勝利したが、韓国の当たりの強さと厳しいタックルに最後まで手こずった。前半に文のPGが決まっていれば最後までもつれたかもしれない。前回のシンガポールに続いて韓国に負けるわけにはいかないと、日本が固い試合運びに終始したことも試合を膠着させた一因となった。松尾主将も「自分らしいプレーが見せられなかったのは、勝つためを第一に考えてプレーしたからだ」と述べ、アジア王座奪還と、現役最多となった24キャップを引退の置き土産としてファンに別れを告げた。
 
No.221★82 第9回アジア大会(日本)決勝
1984年10月27日 G:福岡春日球技場 R:M.ヘイドン(香港) KO 14:13
日本代表2013韓国代表
1木村 敏隆(同大)1261呉 光珍
2藤田  剛(日新製鋼)872表 仲根
3相沢 雅晴(リコー)3具 東春
4大八木 淳史(同大)1T04柳 道相
5川地 光二(日新製鋼)1G05寓 東仁
6川地  光(九電)2PG26陳 相郁
7越山 昌彦(山梨教員)0DG07徐 東旭
8千田 美智仁(釜石)8金  鉉
9小西 義光(サントリー)2T19韓 東浩
C10松尾 雄治(釜石)0G0C10文 永燦
11戸嶋 秀夫(東芝府中)0PG111韓 相萬
12小林 日出夫(釜石)0DG012鄭 根永
13金谷 福身(日新製鋼)13呉 相錫
14大貫 慎二(サントリー)151914趙 容徳
15谷藤 尚之(釜石)15趙 成哲
得点:T大八木、千田、戸嶋、G小林、PG小林2