日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和58年(1983)9月25日 国立競技場
日本代表 10-15 オ・ケ大学連合○
オ・ケ大連合を猛追 トライ数は上回る
 
 日本は勝てる試合を落とした。あいにくの雨中戦となりボールがすべり、イングランド代表SOバーンズのキックとランニングに苦しめられた。「必勝の願いは達せられなかったが、試合後の日本代表のロッカールームは明るい雰囲気。オ・ケ大連合の倍もの反則を取られて、三本のPGを許し、点数の上ではこれが明暗を分けた。しかし、トライ数では2−1。『敗戦の中で希望の持てるゲームだった』とは、日比野監督の弁だ。期待された好ゲームも、前半の終わりごろからの土砂降りの雨ですっかり台なしに。日本の細かい技が、この雨で封じられた。おまけにスタンドからは分かりにくい英人レフリーの反則の笛で、日本の攻撃はそのつど中断されるパターン。(中略)日本は後半二十分過ぎから5点差を追って反撃に転じ、再三ゴール前で攻め立てた。その一連の攻撃の中でSO松尾が右から左に変わり、ノーマークになったその一瞬に落球したのは惜しい」(朝日、遠藤靖夫)。
 
No.206★78 オックスフォード第3回・ケンブリッジ大学第4回帯同来日第10戦
1983年9月25日 G:国立競技場 R:R.クイッテットン(E) KO 13:30
日本代表1015オ・ケ大連合
1石山 次郎(釜石)4121ジョン・キングストン(ケ)
2藤田  剛(日新製鋼)632ジョン・ウェブスター(オ)
3洞口 孝治(釜石)3デーブ・ブッシュ(ケ)
4大八木 淳史(同大)1T14トニー・ロジャース(ケ)
5川地 光二(日新製鋼)0G15マーチン・ガーガン(オ)
6川地  光(九電)0PG26ニック・ベネット(ケ)
7高田 健造(明大)0DG07ジェリー・マクリン(ケ)
8千田 美智仁(釜石)8ジョン・エリソン(ケ)
9小西 義光(サントリー)1T09ジョン・カレン(ケ)
C10松尾 雄治(釜石)1G010スチュアート・バーンズ(オ)
11戸嶋 秀夫(東芝府中)0PG1C11マーク・ベイリー(ケ)
12小林 日出夫(明大)0DG012ヒュー・デービス(ケ)
13金谷 福身(日新製鋼)13フィル・クロー(オ)
14本城 和彦(サントリー)13714サイモン・スミス(ケ)
15谷藤 尚之(釜石)15ヒューゴ・マクニール(オ)
交代【日】石塚武生(リコー)⑦ 【オ・ケ】デーブ・ミルズ(オ)①
得点:T千田、戸嶋、G本城