日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和57年(1982)11月27日 ジャラン競技場
日本代表 9-12 韓国代表
アジア大会8連覇ならず、韓国初優勝
 
 大会規定による延長戦で、韓国にDGを決められてアジアの王座を失った日本。小林忠郎団長は役員の責任だと『機関誌』Vol.32-4号に報告している。「試合内容は完敗であった。実に惨めな敗北であった。完全な、総力を上げたディフェンス体制で日本に対した韓国は、勝つというより点を取られない作戦だったと思われる。従ってタックルは一発で決める。日本のミスはことごとくカウンターアタック。韓国の3PG、1DGの原因は、日本のバックラインのサインプレーのパスミス、キャッチングミスをついたものである。FWがあれだけ勝っていながら、スクラムからの球出しのタイミングが悪く、又ラインアウトでは1度も速い攻撃がなかった。(中略)団長、監督、主将の失敗である。選手諸君の中には戦いながら、作戦の転換ができないことに疑問を持ち、又いらいらしたことだろう(後略)」。強化委員長の任にありながら監督を山本巌に任せ、遠征に不参加だった私の責任も重大であった。
 
No.202★77 第8回アジア大会(シンガポール)決勝
1982年11月27日 G:シンガポール R:不明KO 17:00
日本代表912韓国代表
1石山 次郎(釜石)931Oh Kwang Jin
2井上 雅浩(サントリー)092 Sim Han Sik
3洞口 孝治(釜石) 3Kim Ho Dae
4林  敏之(神鋼)1T04Jin Heung Nam
5千田 美智仁(釜石)1G05Bae Youn Min
6伊藤  隆(リコー)1PG16Baik Sun Yoon
C7石塚 武生(リコー)0DG07Jung Hyung Sak
8瀬下 和夫(秋田市役所)8Ell Ku Bong (or Park Gi Hang)
9小西 義光(サントリー)0T09Han Dong Ho (or Yoo Jae Pil)
10森岡 公隆(三菱長崎)0G010Moon Young Chan
11氏野 博隆(東京三洋)0PG211Song No Il
12狩野  均(東京三洋)0DG112Song Youn Ho
13南川 洋一郎(八幡) 13Yoo Yong Sub
14辻  悦朗(トヨタ)221314Han Sung Man
15田中 伸典(天理大OB)15Myong Bo Kwon
交代【日】渡辺登(横河電機)⑭ [9-9の同点で大会規定により延長戦が行なわれ、韓国がDGで決勝点をあげた]
得点:T狩野、G田中、PG田中