日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和57年(1982)9月26日 国立競技場
日本代表 31-15 NZ大学選抜
国内で初めてNZUを破る
 
 ESがNZUを19−9で破り、すでに三国対抗の優勝を決めていた。日本代表はESとの屈辱的な敗戦から、わずか1週間で立ち直ることができた。「『ここで我々がNZUに負けたら、日本のラグビーは壊滅だ。死力を尽くそう』。出陣を前にして日比野監督がかけたハッパは日本海海戦に先立つ、あの東郷司令長官の号令にも似ていた。もっとも十分な勝算に基づくハッスルでもあった。二十三日のES対NZUの試合を見て『止めるところをきちんと止めればニュージーランドに勝てる』(日比野監督)という感触を持っていた。(中略)NZUの力のラグビーに対抗した日本代表の走るラグビー。その攻防はスリルとサスペンスに富んで、スタンドを飽きさせることがなかった。日比野監督が模索している日本ラグビーの方向が是認され、NZUに対する国内初勝利のモニュメントとともに『ラグビーって本当にいいもんですねぇ』の意識を植えつけた一戦だった」(デイリー、芦沢)。
 
No.198★76 3国対抗(イングランド学生代表第1回・NZ大学選抜第6回来日)第10戦
1982年9月26日 G:国立競技場 R:B.アンダーソン(S) KO 14:15
日本代表3115NZ大学選抜
1石山 次郎(釜石)1661マーク・グレイ
2藤田  剛(明大)1592レクス・ハーディング
3洞口 孝治(釜石) 3ハミッシ・クインリバン
4林  敏之(神鋼)2T0C4イアン・スチュアート
5千田 美智仁(釜石)1G05デビッド・ラザフォード
6伊藤  隆(リコー)2PG26ポール・ジェンセン
C7石塚 武生(リコー)0DG07コリン・カリー
8瀬下 和夫(秋田市役所)8アレキサンダー・マッケンジー
9小西 義光(サントリー)2T19ダグラス・シャーランド
10松尾 雄治(釜石) 2G110マーク・カメロン
11辻  悦朗(トヨタ)1PG011マーク・マッキントッシュ
12藤原  優(丸紅)0DG112マーク・グレイ
13南川 洋一郎(八幡)13デニス・ウッズ
14本城 和彦(早大)121014グレーグ・マクドゥウェル
15谷藤 尚之(釜石)15ティム・コプルストーン
交代【日】河瀬秦治(明大)⑥、田中伸典(天理大OB)⑫
得点:T辻2、小西、谷藤、G本城3、PG本城3