日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和57年(1982)4月11日 花園ラグビー場
日本代表 24-18 カナダ代表
予言どおり快勝
 
 監督の私にとってカナダ戦は、ぶざまな結果を残した1976年の遠征のリベンジだった。
「開始1分、いきなりカナダに左オープンプレーからトライを奪われながら4分、9分と本城の2PGで同点。20分には林が相手パスミスをついて右中間に逆転トライをあげ、後半7分にはスピード豊かなオープン攻撃で金谷がトライ。32分には戸嶋がダメ押しのトライを右中間へ。『どうしても勝たなければいけない試合。20−12で勝つ』試合前こういい切った日比野監督。予想は終了間際にカナダにトライを返され24−18に狂ったとはいえ、表情はくずれっぱなしだ。最終戦(18日)は再びテストマッチ。『勝って反省できるというのはうれしい。相手ミスに乗じたトライが二つあったが、次の試合は攻めて、堂々としたトライを三つあげ、相手を一つ以下に抑える』。日比野監督は一段と声を張り上げた」(朝日、片山孝典)。試合後の気持ちの昂ぶりが、声を張り上げたという印象を与えたのだろう。
 
No.184★71 カナダ代表第4回来日(BC代表を含む)第4戦
1982年4月11日 G:花園ラグビー場 R:D.バーネット(I) KO 14:00
日本代表2418カナダ代表
1石山 次郎(釜石)1291ギャリー・デュークロウ
2井上 雅浩(サントリー)1292チャーリー・マクラクラン
3洞口 孝治(釜石) 3ロン・マッキンズ
4林  敏之(神鋼)1T14ロー・ハインソン
5千田 美智仁(釜石)1G15ハンス・ドグディ
6伊藤  隆(リコー)2PG16ジョン・フィラン
C7石塚 武生(リコー)0DG07ミッチェル・ウィリアムズ
8瀬下 和夫(秋田市役所)8ドン・カーソン
9松本 純也(山梨教員)2T19イアン・マックミラン
10松尾 雄治(釜石)2G110ギャリィ・ヒラヤマ
11戸嶋 秀夫(東芝府中)0PG1C11スペンス・マクタビッシュ
12金谷 福身(日新製鋼)0DG012ジム・モイズ
13南川 洋一郎(八幡)13ポール・モナハン
14本城 和彦(早大)191814ジェミー・ホーンソーン
15谷藤 尚之(釜石)15マーク・ワイアット
交代【日】仲山健(三菱京都)① 【カ】リューク②、ジョーンズ⑧
得点:T林、戸嶋、金谷、G本城3、PG本城2