日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和55年(1980)10月4日 ヒルフェルスム
日本代表 13-15 オランダ代表
10点差守れず
 
 日本は遠征の初戦で惜しい星を落とした。テストマッチではミスが命取りになる。もちろんオランダも強豪であり簡単に勝てる相手ではないのだが、この試合に限っていえばまったくもったいない負け方をしたものだ。日本は前半及川のPGで先制、藤原のトライでリードを広げた。オランダはカスティールがPG、日本はすぐ37分に森がトライ(及川G)。後半はオランダのカスティールがPG、16分ミッシェルのトライ(ゴール)で12−13と1点差に迫り、23分カスティールがPGを決めて逆転した。日本は29分に及川、36分に戸嶋がPGに失敗した。相手がくれた逆転のチャンスを2度も失敗したのでは勝てない。おまけに最後に得たPKのチャンスで、主将の森がタッチキックを命じてノーサイドの笛が鳴り、「勝った!」と飛び上がった、というエピソード付きだ。森が脳震盪(しんとう)を起こしていて、スコアを間違えていたというのだ。笑えない話だが、本人が言うのだから間違いない。
 
No.167★66 フランスオランダ遠征1980第1戦
1980年10月4日 G:イルベルサム R:フラングー(F) KO 15:00
日本代表1315オランダ代表
1石山 次郎(釜石)1331R.Besun
2藤田  剛(明大)0122G.Van Del Born
3仲山  健(三菱京都)3C.Zwitser
4川地  光(九電)2T04C.Jacobs
5袋館 龍太郎(東芝府中)1G05A.Michel
6伊藤  隆(リコー)1PG16B.Kasteel
7石塚 武生(リコー)0DG07F.DuquesNoy
8瀬下 和夫(明大)8H.Vermeulen
9松本 純也(山梨教員)0T19J.Schaap
10及川 紳一(東芝府中)0G110C.Koemans
11氏野 博隆(東京三洋)0PG211M.Van Deel Loos
12南川 洋一郎(八幡) 0DG012J.Duding
C13森  重隆(釜石)13D.Altink
14藤原  優(丸紅)12814J.Van Altena
15戸嶋 秀夫(秋田市役所)15K.Huysman
交代【日】豊山京一(博報堂)④キャプテン不明
得点:T森、藤原、G及川、PG及川