日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和54年(1979)5月13日 花園ラグビー場
日本代表 19-21 イングランド代表
手中にしかけた大金星を逃す
 
イングランド終了1分前逆転ゴール』。新聞の見出しにあるこの文字が、この試合のすべてを物語っている。3−6で敗れた1971年に続いて、日本代表はまたも大きな大きな金星を逃した。No8ビル・ビューモンド主将[WR会長]率いるイングランドは、帰国後5ヵ国対抗で全勝、グランドスラムを成し遂げている。HOのピーター・ウィーラーは現在IRBの重鎮。そのチームに対して日本は“勝った!”と思わせる試合を展開してみせた。
 後半37分、13−15と2点リードされた日本がゴール前に攻め込まれていた。ボールを得たFL石塚がピンチを逃れようとして、タッチへ蹴ったボールがなんとグラウンドの中央へ。思わず私は“バカ!”と叫んでしまった。いままでこんな状況から何度逆襲されたことか。
 ボールを受けたWTBスレメンが、カウンターアタックを仕掛けて突進してきた。このときLOの袋館はオフサイドの位置にいたが、スレメンが5m走るのを待って猛然とタックルした。当時のルールでは「後方の味方がキックしてオフサイドの位置になったプレヤーは、相手が5m走ればオンサイドとなる」と決められていた。スレメンが落としたボールをタックルに向かっていた石塚が拾ってWTB森にパス[この試合では藤原がCTB森がWTBを務めた]。森は快足を飛ばしカーダス、ヘアを振りきって右中間にトライ、松尾がゴールを決めて19−15と逆転した。試合はあと3分である。“勝った!”と思っても責められまい。しかし、「勝負は下駄を履くまでわからない」。必死にボールをつないで逆転を狙うイングランド。残り1分でLO畠山がゲームを切ろうとして蹴ったが、これがノータッチ。カウンターアタックを狙ってきたSOデービスのパスを受け、WTBスクワィアーズがコーナーに飛び込みトライ(ゴール)。日本は19−21と逆転されついに涙をのんだ。
 守りきっていれば森の逆転トライは日本ラグビー史に燦然と輝く歴史的なトライになっていたはずである。温厚な横井久監督が「悔しいなんていうものじゃないよ。勝ってたよ」と歯ぎしりしていたのをいまも思い出す。
試合経過 前半6分、松尾がDGを鮮やかに決める(3−0)。イングランドがPGとトライ(ゴール)で3−9と逆転したあと、日本はNo8小林がトライ、37分に松尾がPGを決めて10−9とリードして終了。後半、松尾がPGで13−9としたあと、イングランドがトライ(ゴール)で13−15。37分森のトライ、松尾のゴールで19−15。39分スクワィアーズのトライ(ゴール)で19−21。日本代表ベスト7の上位に間違いなく入る試合だ。
 
No.160★62 イングランド代表第2回来日第2戦
1979年5月13日 G:花園ラグビー場 R:C.ノーリング(W) KO 13:00
日本代表1921イングランド代表
1安井 俊明(神鋼)1091コリン・スマート
2和田  透(釜石)9122ピーター・ウィラー
3洞口 孝治(釜石)3ゲーリー・ピアス
4畠山  剛(釜石クラブ)1T1C4ビル・ビューモント
5袋館 龍太郎(東芝府中)0G15ジョン・バトラー
6豊山 京一(博報堂)1PG16ボブ・モーデル
7石塚 武生(リコー)1DG07マイク・ラフター
8小林 一郎(釜石)8ジョン・スコット
9上田 昭夫(トヨタ)1T19クリス・ギフォード
10松尾 雄治(釜石)1G110ヒュー・デービス
11氏野 博隆(東京三洋)1PG211マイク・スレメン
12南川 洋一郎(八幡)0DG012ポール・ダッジ
13藤原  優(丸紅) 13リチャード・カーダス
C14森  重隆(釜石)141214ピーター・スクワィアーズ
15谷藤 尚之(釜石)15ダスティー・ヘアー
交代【日】工藤(中山)隆志(東芝府中)⑪
得点:T小林、森、G松尾、PG松尾2、DG松尾