日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和53年(1978)3月5日 秩父宮ラグビー場
日本代表 6-42 豪州クインズランド州代表
『世界』は遠い、ただ敵を褒めるばかり
 
 現役ワラビーズ[豪州代表]が7名もいるクインズランド州代表は強かった。このところ自信喪失気味の日本代表は、1PG、1DGの6点のみノートライで敗れた。クインズランドではワラビーズの代表的選手であるNo8マーク・ローンとSOポール・マクリーンが評判どおりすごいプレヤーだった。「『タックルに来た相手に体重をあずけながらのフローティング・パスなど、ホレボレするぐらい』と横井久コーチはくやしさを忘れてク州代表をほめあげた。『ボールが取れず、攻撃の場がなかった』(斎藤監督)。(中略)今秋九月には、世界最強のフランスが来日する。ク州代表戦は、昨秋の“スコットランド・ショック”から立ち直り、対フランス戦への『メド付け』が目標だった。ボールが取れないFW、そして『バックスだけは世界に通用』と信じていた“切り札”までがズタズタに寸断された。『やっと世界に追いついた』と見たのは夢のまた夢。“世界”ははるかに遠い」(サンスポ、末富鞆音)。
 
No.153★59 豪州クィンズランド州代表来日第2戦
1978年3月5日 G:秩父宮ラグビー場 R:町井徹郎 KO 14:15
日本代表642クィンズランド州代表
C1高田  司(トヨタ)3211クリス・ハンディ
2笹田  学(横河)3212ピーター・ホートン
3安井 敏明(神鋼)3トレバー・デービス
4柴田 浩一(東京三洋)0T24デービット・ヒルハウス
5瀬川  清(釜石)0G25ピーター・マクリーン
6赤間 英夫(トヨタ)1PG26ジム・ミラー
7小林 一郎(釜石)0DG17トニー・ショー
8畠山  剛(釜石)C8マーク・ローン
9松本 純也(早大)0T49ロド・ハウザー
10星野 繁一(リコー)0G110ポール・マクリーン
11有賀  健(リコー)0PG111ブランデン・ムーン
12吉田 正雄(近鉄) 1DG012ジェフ・ショー
13森  重隆(釜石)13アンドリュー・スラック
14藤原  優(早大)141714ドン・レガリング
15植山 信幸(横河)15グラハム・ヌーン
得点:PG植山、DG星野