日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和52年(1977)9月18日 国立競技場
日本代表 9-74 スコットランド代表
日本代表スコットランドに壊滅
 
 早明連合13−59、日本選抜16−50。日本選抜は4トライ奪っての敗戦である。代表がそれを上回る惨敗。テストマッチでは相手が全力を傾注してくるのが当たり前なのだが、前半は2トライ、1ゴール、2PGの3−16に抑えていたのだから、後半に9トライ取られる崩れ方がなんとも情けない。ベテランの小笠原が日刊スポーツに「つい二、三年前まで、ナショナルチームの選手は試合が終わったらぐたっとして動けなかった。みんな一生懸命やっているのだろうが、今の若手には全力を出し切るすごみがない」と若い選手の奮起をうながすコメントを出している。
 日本代表は出来、不出来の幅が大きい。組織的なディフェンスで、どんな強敵にも5トライまでに抑える力を持たないと、この苦境を抜け出せない。それには80分崩れずに戦いきる強靭なフィットネスと、精神力を身につけなければならないのだが。
 
No.152★58 スコットランド代表第1回来日第3戦
1977年9月18日 G:国立競技場 R:P.ヒューズ(E) KO 14:00
日本代表974スコットランド代表
1畠山  剛(釜石)3161イアン・マクラクラン
C2高田  司(トヨタ)6582コリン・ディーンズ
3安井 敏明(神鋼)3ロバート・カニンガム
4熊谷 直志(朝日生命)0T24イアン・バーンズ
5瀬川  清(釜石)0G15アラン・トーマス
6赤間 英夫(トヨタ)1PG2C6マイク・ビガー
7小林 一郎(釜石)0DG07ゴードン・ディクソン
8小笠原 博(弘前クラブ)8ドナルド・マクドナルド
9松本 純也(早大)1T99ロイ・レードロー
10松尾 雄治(釜石)1G810ロナルド・ウィルソン
11氏野 博隆(東京三洋)0PG211ルイス・ディック
12吉田 正雄(近鉄)0DG012ジェームス・レンウィック
13藤原  優(早大) 13アラステア・クランストン
14森  重隆(釜石)121114ビル・ガメル
15田中 伸典(トヨタ)15コリン・メア
交代【日】笹田学(横河)②
得点:T氏野、G田中、PG松尾