日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和51年(1976)11月20日 ソウル
日本代表 11-3 韓国代表
アジア大会5連覇
 
 地元開催の韓国は、日本の5連覇を阻止しようと全力でぶつかってきた。キックオフからエキサイトした激しいプレーが続く。前半4分、日本はラインアウトから松尾、森のシザースで植山がトライして先行したが、韓国は早いディフェンスで日本の攻撃を寸断し、攻撃では徹底的なアップアンドアンダーで日本を苦しめた。29分植山がPGを決めて7−0とリード。後半7分、日本はこぼれ球を拾って松尾、吉田でトライ。21分韓国はPGを決めて追い上げる。この後日本韓国の反撃を封じて11−3で勝利を収めたが、終盤はラフプレーが多くなり“飛び蹴り”まで出る後味の悪いゲームになってしまった。日本は対戦相手にトライを与えずにアジア大会5連覇を遂げた。「第5回アジア大会の印象はといえば“あと味悪いなあ”ということになる。(中略)プレーのレベルはともかく、各国がラグビー精神の原点に返らぬなら、アジア大会の存続は難しくなるだろう」(『機関誌』Vol.26-3号、日比野弘監督)。
 
No.150★56 第5回アジア大会(韓国)決勝
1976年11月20日 G:ソウル R:S.マニット(タイ) KO 14:00
日本代表113韓国代表
C1高田  司(トヨタ)701鄭 用仁
2笹田  学(横河)432金  暹
3宮内 正幸(東京三洋)3禹 成浩
4畠山  剛(釜石)1T04姜 元圭
5寺井 敏雄(八幡)0G05閔 俊基
6赤間 英夫(トヨタ)1PG06郭 鎬益
7小林 一郎(釜石)0DG07姜 錫律
8袋館 龍太郎(東芝府中)8金 基中
9津山 武雄(九電)1T09伊 俊錫
10松尾 雄治(釜石)0G010李 世鎮
11有賀  健(リコー)0PG111丁 海克
12吉田 正雄(近鉄) 0DG012金 演洙
13森  重隆(釜石)13李 在文
14村口 和夫(釜石)7914許 昌茂
15植山 信幸(横河)15Jo 允植
得点:T植山、吉田、PG植山キャプテン不明