日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和50年(1975)8月17日 ブリスベン
日本代表 25-50 豪州代表
豪州代表に肉薄
 
「前半日本は風上を利用し、相手陣深くパントを上げる戦法でフォワード、バックスとも前へ出たディフェンスにより終始有利な展開であったが、前半終了間際に相手14番のノックオンとも思えるインターセプトにより日本にとって痛いトライを許した。後半に入り、前半終了間際の相手トライが尾をひいたのか或いは日本の気のゆるみからか、11分間で3トライを許し、勝利の可能性をなくしたが、最後まで日本チームはあきらめず、得意とするオープン攻撃によって2トライを返したが、力及ばす50−25のスコアで敗れ去った。この日善戦の最大の要因はタックルにあった。これほど低く、時によってはスマザー気味の好タックルが決まったのは数少ないのではなかろうか。しかし負けた。実力差としかいいようがない。そしてこのゲーム、後半オープンにまわす作戦をとり、ほぼ成功を収めたが、日本チームのバックスのスピードは十分通用することを証明した」(『機関誌』Vol.25-1号、大久保吉則コーチ)。
 
No.128★47 豪州遠征1975第9戦
1975年8月17日 G:ブリスベン R:バーネット(I) KO 15:00
日本代表2550豪州代表
1高田  司(トヨタ)15221ロン・グラハム
2和田  透(釜石)10282ピーター・ホートン
3黒坂 敏夫(近鉄)3スティーブ・フィナン
4小笠原 博(近鉄)3T44レジナルド・スミス
5寺井 敏雄(八幡)0G35ブライアン・マンスフィールド
6井澤 義明(早大OB)1PG06レイ・プライス
7石塚 武生(リコー)0DG07トニー・ショー
8小林 一郎(釜石)8グレック・コーネルセン
C9今里 良三(近鉄)2T49ロッド・ハウザー
10井口 雅勝(栗田工業)1G310ポール・マクリーン
11有賀  健(リコー)0PG211イアン・ロバートソン
12吉田 正雄(近鉄) 0DG0C12ジェフ・ショー
13森  重隆(釜石)13ジョン・ウェザーストン
14藤原  優(早大)7714ジョン・ライアン
15植山 信幸(横河)15ジム・ハインドマーシュ
交代【日】田中伸典(天理大)⑮
得点:T藤原2、石塚、有賀、吉田、G田中、PG植山