日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和50年(1975)3月30日 国立競技場
日本代表 16-13 ケンブリッジ大学●
植山が決勝のPG
 
 前年度、強豪のNZUに初めて勝った日本は、ケンブリッジ大学にも勝利して気を吐いた。日本代表も継続的な強化の実が挙がってきて、ようやく外国の大学チームとは対等に戦えるようになってきた。単独の大学チームに大差で敗れる歴史とは早く決別したい
 日本がケ大に勝ったのは初めてである。私もテレビで解説していて、ひそかに快哉を叫んだ。一進一退の好試合だった。前半9−7とリードした日本は、後半9分にケ大の連続攻撃からウッドにトライ(ゴール)を許し9−13と逆転された。日本も21分に井澤のラックから右に展開、森がタテに切れ込んでダミーとなり、吉田が開くプレー[通称GWのサインプレー]が決まり、吉田が抜けて藤原が右隅に飛び込んで同点に追いついた。この後の息詰まる攻防を制したのは日本だった。後半37分ケ大ゴール前で連続攻撃を仕掛けた日本に、ケ大がたまらずオフサイドを犯し、植山が冷静にPGを決めて16−13で勝利を収めた。
 
No.119★45 ケンブリッジ大学第2回来日第4戦
1975年3月30日 G:国立競技場 R:野々村博 KO 14:30
日本代表1613ケンブリッジ大
1高田  司(トヨタ)971スティファン・ヤング
2黒坂 敏夫(近鉄) 762ジェームズ・キャンベル
3原   進(近鉄)3ティモシー・リントット
4小笠原 博(近鉄)1T14デビッド・トーマス
5寺井 敏雄(八幡)1G05デビッド・ペック
6井澤 義明(早大OB)0PG1C6スティファン・ワーロー
7石塚 武生(早大)1DG07ジェームス・ハートリー
8村田 義弘(リコー)8サンディ・ブラット
C9今里 良三(近鉄)1T19リチャード・ハーディング
10井口 雅勝(栗田工業)0G110アラン・ワーズワース
11平木 明生(リコー)1PG011ゴードン・ウッド
12吉田 正雄(近鉄) 0DG012ジェームズ・モイズ
13森  重隆(釜石)13クリストファー・ウィリアムズ
14藤原  優(早大)91214デービッド・ウィリアムズ
15植山 信幸(早大)15アルスティア・ヒグネル
交代【日】赤間英夫(トヨタ)⑦ 【ケ】ニコラス・フレンチ⑦、ジョン・ブリーキー⑨
得点:T森、藤原、G植山、PG植山、DG植山