日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和49年(1974)5月19日 オークランド
日本代表 31-55 NZ代表ジュニア
すごい“気迫”の突進、日本代表追撃ならず
 
No.107★42 NZ遠征1974第9戦
1974年5月19日 G:オークランド R:C.P.グレガン KO14:30
日本代表3155NZ代表ジュニア
1高田  司(トヨタ)10231ジョン・オコーナー
2大東 和美(住金和歌山)21322ジョン・ブラック
3黒坂 敏夫(近鉄)3イアン・フィンレー
4小笠原 博(近鉄)2T44マイク・マックール
5寺井 敏雄(八幡)1G25ブライアン・バートル
6井澤 義明(早大OB)0PG16グレアム・ムーリー
7石塚 武生(早大)0DG07デビッド・ニール
8村田 義弘(リコー)C8ギャリー・シーア
C9今里 良三(近鉄)3T69フィル・ダンカン
10井口 雅勝(栗田工業)3G410ジム・キャロル
11有賀  健(リコー) 1PG011ピーター・ギルバート
12森  重隆(釜石)0DG012ダグ・ローラーソン
13吉田 正雄(近鉄)13スティーブ・マーフェル
14藤原  優(早大)71414ヒュー・ブレア
15植山 信幸(早大)15ブライアン・セダーウォール
得点:T藤原2、村田、有賀、森、G植山4、PG植山

 
 前回の遠征時に不覚を取ったNZジュニアの“気迫”はものすごかっただろうと容易に想像できる。それをはね飛ばして“返り討ち”にする力は日本にはなかった。
「全日本はスタートの約10分間に1トライ、1ゴール[現在では2T、1G]、1PGを許して後手に回った。『チームの体制が整わない間にやられた』失点が続き、13分に藤原のパントを取った村田のトライ、30分の藤原のトライ(ゴール)とその後は互角に近い試合を展開しながら、最後まで主導権が取れぬまま敗れることになった。全日本の得点は組織プレー、連続ワザで堂々とジュニア防御陣を破ったもの。『後半16分の有賀、26分の森、33分藤原の3トライはスタンドを埋めた3万観衆が総立ちになるほど見事だった』そうである。『この前は“サカタ”で沸いたニュージーランドが、今度は“ウエヤマ”、“フジワラ”でたいへんです』」(サンスポ、小林団長と国際電話)。