日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和47年(1972)11月11日 香港F.C.
日本代表 16-0 香港代表
アジア大会に3連覇
 
 第3回アジア大会の決勝は香港との対戦となり、日本が16−0で3大会連続優勝を果たした。日本チームの一員であった宿沢広朗の観戦記を紹介する。「決勝戦の香港チームは、特にスクラムを対全日本のために、だいぶ研究してきたようだ。そのため、スクラムが押せず、前の三戦に比べてスクラムから出るボールが、かなり悪いタイミングであった。それにもかかわらず、今里さんが好球をバックラインに送っていたのにはさすがだと感心した。香港チームの中では、右フランカーのフランシスの動きが非常に目立った。NZ大学選抜日本に来た、リーニーに似た体つきで、広範囲なカバーリングに、日本のチャンスが再三つぶされていた。香港チームも全後半通じて何回かのトライチャンスがありながら、萬谷さんの好ディフェンスと、自らのスタミナ不足のため、得点をあげることができなかった」(『機関誌』Vol.22-2号)。香港を完封し日本が力をつけたことを証明した。
 
No.85★37 第3回アジア大会(香港)決勝
1972年11月11日 G:香港ハッピーバレー R:Yoon KO 19:30
日本代表160香港代表
1飯降 幸雄(東京三洋)301シンプソン
2後川 光夫(リコー)1302カークホープ
3下薗 征昭(八幡)3エラスマス
4柴田 浩一(三菱製鋼)0T04ミラー
5寺井 敏雄(八幡)0G05スイフト
6井澤 義明(リコー)1PG06フランシス
7山口 良治(京都市役所)0DG07ゴールドスミス
8村田 義弘(リコー)8ベーカー
9今里 良三(近鉄)2T0C9カニンガム
10蒲原(藤本)忠正(早大OB)1G010ギブス
11坂田 好弘(近鉄)1PG011ダンカン
C12横井  章(三菱京都)0DG012ビガー
13宮田 浩二(釜石)13ヘッド
14伊藤 忠幸(リコー)3914ベンウェル
15萬谷 勝治(トヨタ)15スミス
得点:T村田、伊藤、G山口、PG山口2