日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和47年(1972)4月8日 秩父宮ラグビー場
日本代表 17-17 豪州代表コルツ
乱闘ゲームは引き分け
 
 殴り合いの応酬というラグビーの国際試合では珍しい後味の悪い試合に、大西総監督は『全日本チームの国際進出と新たな問題点』と題し技術評に加え、次のように述べている。
「最近の“ラグビー・ワールド”[英国協会の機関誌]の主張にラフ・プレーとレフリングについて種々の意見を掲載しているのも、また各国対抗テストマッチにおける、興奮のあまり以上の、プレーの過激さについて批判されているのも、現在における国際ゲームの過酷さを物語っているものといえよう。(中略)ようやく全日本チームもこうした激烈な国際ゲームの中に突入して、対等に試合しなければならない環境におかれたのである。花園の試合程ではないにしても、国際ゲームというものの現状はこうしたものなのだという肯定に立って、これに挑戦していくか、そんなラグビーは野獣の闘争にすぎないと否定して、我々だけのユートピアに閉じこもるか、こうした選択を迫られているように思える」(『機関誌』Vol.21-5号 P19)。
 
No.79★36 豪州代表コルツ(U23)来日第8戦
1972年4月8日 G:秩父宮ラグビー場 R:野々村博 KO 14:20
日本代表 1717豪州代表コルツ
1原   進(近鉄)0171スティファン・フィンネン
2後川 光夫(リコー)1702イアン・ロス
3下薗 征昭(八幡)3クリストファー・ハンディー
4小笠原 博(近鉄)0T34コリン・オールソップ
5寺井 敏雄(八幡)0G15バリー・スタンブルズ
6井沢 義明(リコー)0PG16ジョン・マレエー
7山口 良治(京都市役所)0DG07マイケル・ゴールドマン
8村田 義弘(リコー)8マイケル・フリン
9今里 良三(近鉄)3T09グレゴリー・ホルベン
10藤本 忠正(早大OB)1G010イアン・クラーク
11水谷  眞(リコー)1PG011テリー・ライアン
C12横井  章(三菱京都)0DG012デビッド・ラシー
13島崎 文治(東洋工業)13ロス・バーレル
14伊藤 忠幸(リコー)6914ロバーツ・パーカー
15萬谷 勝治(トヨタ)15ローレンス・モナハン
得点:T藤本、伊藤、スクラムトライ、G山口、PG山口キャプテン不明