日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和47年(1972)4月2日 花園ラグビー場
日本代表 24-22 豪州代表コルツ
ラフプレーのコルツに競り勝つ
 
 岡仁詩監督は初テストで豪州コルツ[23歳未満]に勝利を収めた。メンバーは大西監督時代からの歴戦の勇士たちである。「ラフ・プレーに終始」(読売)、「なぐる・けるの連続」(朝日)など、各紙にこぞって非難されるのはラグビーでは珍しいことだ。「きょうのコルツのプレーは許されない。大西総監督と相談して第2戦の全日本の前にデブナム団長、ファーネス監督と話し合い、フェアプレーを要望する」(川越藤一郎関西協会理事長談)。後味が悪い試合だったが、日本の勝利が何よりの救いだった。日本は前半6分、10分に山口がPGを決めて先行、18分にラインアウトからゴールドマンにトライ(ゴール)を許し同点。25分にスクラムから横井が抜き、水谷がトライ(ゴール)。38分にはラインアウトから井澤が飛び込みトライ(ゴール)。後半14分、日本はゴール前スクラムから左に回し、井澤から村田に渡ってトライ(ゴール)。コルツに16点を許したが辛くも2点差で逃げきった。
 
No.78★35 豪州代表コルツ(U23)来日第6戦
1972年4月2日 G:花園ラグビー場 R:池田正徳 KO 14:20
日本代表 2422豪州代表コルツ
1原   進(近鉄)1861スティファン・フィンネン
2後川 光夫(リコー)6162イアン・ロス
3下薗 征昭(八幡)3クリストファー・ハンディー
4小笠原 博(近鉄)2T1C4ロバート・ウッド
5寺井 敏雄(八幡)2G15バリー・スタンブルズ
6井澤 義明(リコー)2PG06ジョン・マレエー
7山口 良治(京都市役所)0DG07マイケル・ゴールドマン
8村田 義弘(リコー)8マイケル・フリン
9今里 良三(近鉄)1T29テレンス・プラッテン
10藤本 忠正(早大OB)1G110イアン・クラーク
11水谷  眞(リコー)0PG111テリー・ライアン
C12横井  章(三菱京都)0DG112デビッド・ラシー
13宮田 浩二(釜石)13ロス・バーレル
14伊藤 忠幸(リコー)101714ロバーツ・パーカー
15萬谷 勝治(トヨタ)15ローレンス・モナハン
交代【豪】グレゴリー・ホルベン⑨
得点:T井澤、村田、水谷、G山口3、PG山口2