日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 機関誌
昭和45年(1970)3月15日 花園ラグビー場
日本代表 14-28 NZ大学選抜
第2テストも惜敗
 
 NZUとの第2テストも日本の惜敗に終わった。だが、その差はわずかで確実に縮まってきている。「20点差までなら工夫と努力で勝つチャンスがある」というのは私の持論だが、得点差14点、トライ数3対6。この試合は、まさにNZUを射程距離に追いつめての惜敗だといえる。
 前半6分、日本は右中間のPGを山口が成功させ先行した。NZUは15分ケンバー、マクレラン、マセソンと見事なパスで右中間にトライ(ゴール)を決めて逆転。23分にケンバーがPG。27分にリーニーが素晴らしいスピードで左中間にトライ(ゴール)、33分PG、34分にはオカラハンが右隅にトライした。3−19とリードされた日本は後半20分、石田をフォローした伊藤が右隅に初トライ。26分には中央付近のPKから坂田が快走し左隅にトライ。ノーサイド寸前NZのパスミスを坂田が引っかけ、ケンバーに走り勝って坂田が押さえ3つめのトライをあげた。
 
No.69★30 NZ大学選抜第3回来日第5戦
1970年3月15日 G:花園ラグビー場 R:牧弥太郎 KO 14:30
日本代表1428NZ大学選抜
1川崎 守央(近鉄)3191アラン・マクレラン
2後川 光夫(早大OB)1192ポール・バレット
3下薗 征昭(八幡)3ケリー・マクドナルド
4小笠原 博(近鉄)0T34ギャビン・コーマック
5鎌田 勝美(近鉄)0G25ジョン・シャーロック
6山口 良治(京都市役所)1PG26スティーブ・リーニー
7石田 元成(電電半田)0DG07アレックス・マセソン
8藤本 忠正(早大OB)8ピーター・ダンカン
9今里 良三(近鉄)3T39ローリー・カラトー
10桂口  力(九電)1G010アール・カートン
11坂田 好弘(近鉄)0PG011リー・コリンズ
C12横井  章(三菱京都)0DG012グラハム・ソーン
13石山 貴志夫(朝日新聞)13ホワード・ジョセフ
14伊藤 忠幸(リコー)51214マイク・オカラハン
15萬谷 勝治(トヨタ)C15ジェラルド・ケンバー
交代【日】黒坂敏夫(同大)①、原進(近鉄)⑩[原が⑧、藤本が⑩へ]
得点:T坂田2、伊藤、G山口、PG山口