日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和44年(1969)3月9日 秩父宮ラグビー場
日本代表 24-22 香港代表
第1回アジア大会は薄氷の優勝
 
 第1回アジア大会最重要試合[リーグ戦のため香港戦を後日協会がテストマッチに認定]は雪解けの泥濘戦となった。香港は在住の英軍主体に編成され主将のSOレイドはイングランド代表の経験がある強力なチームである。日本はノーサイド寸前に坂田の劇的な逆転トライで初優勝を飾るが、薄氷の勝利であった。
 前半2分香港はカスがドリブルで迫り、FB萬谷がノーボール・タックルを犯し認定トライが与えられた。さらに6分ウィグリーがPG。日本は11分尾崎のショートパントを伊藤忠が拾いトライ(ゴール)。13分再び伊藤忠がトライをあげ同点に追いついた。香港は17分、19分とCTBカスが2つのトライをあげ、前半をリードした。後半13分、藤本の右パントを伊藤忠が押さえトライ(ゴール)、21分ルーズから萬谷が坂田につなぎトライ(ゴール)と攻め、香港の攻撃を2PGに抑え1点差に迫る。34分尾崎のパントを坂田が左隅に抑え、ついに香港を逆転した。
 
No.57★27 第1回アジア大会(日本)第2戦
1969年3月9日 G:秩父宮ラグビー場 R:アナタ・ブーンスパ(タイ) KO 14:30
日本代表2422香港代表
1宮地 克実(東京三洋)11161ジョン・ソーン
2後川 光夫(早大OB)1362J.バート
3猿田 武夫(東京三洋)3ジョフェリー・クック
4伊藤 正義(釜石)2T34K.W.I.マッケンジー
5寺井 敏雄(八幡)1G25ジョー・カギラバ
6谷川 義夫(慶大)1PG16マイク・バード
7内田 昌裕(リコー)0DG07クリス・ギルバード
8小笠原 博(近鉄)8マイケル・フランシス
9今里 良三(中大)3T09ジャスティン・カニンガム
10藤本 忠正(早大OB)2G0C10イヤン・レイド
11坂田 好弘(近鉄)0PG211ゲリー・ラウアー
12横井  章(三菱京都)0DG012マイケル・カス
C13尾崎 真義(トヨタ)13ピーター・ワイト
14伊藤 忠幸(リコー)201514ピーター・フェリィ
15萬谷 勝治(トヨタ)15ブリアン・ウィグリー
得点:T伊藤3、坂田2、G萬谷3、PG萬谷