日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 新聞記事 機関誌
昭和42年(1967)3月12日 花園ラグビー場
日本代表 3-19 NZ大学選抜
NZUの壁厚し
 
 昭和40年(1965)7月20~24日、4泊5日で朝霞の自衛隊体育学校において、第1回日本代表候補選手の強化合宿が行われた。ラグビーの国際化に日本協会が本気になって取り組みだしたのである。ヘッドコーチ大西鐵之祐、コーチ北島忠治、川越藤一郎、和田政雄、岡仁詩、青井達也の指導の下に候補選手54名が代表の座を賭けて競い合った。3年続いた合宿の効果がこの試合で発揮された。
 NZUはレードロー、カートン、ケンバー、ウイリーメントら、いまもオールブラックスの名プレヤーとして語り継がれている選手たちが揃う、NZUの歴史上最強力チームだった。カリモアというスタミナの権化みたいなフランカーも素晴らしい活躍をした。9戦全勝で圧倒的な力を見せて帰国したが、NZUを3トライに封じたこの試合だけは、日本代表として恥ずかしくない試合であった。
 
No.40★23 NZ大学選抜第2回来日第5戦
1967年3月12日 G:花園ラグビー場 R:江田昌佑 KO 14:30
日本代表319NZ大学選抜
1川崎 守央(近鉄)0111ピーター・ヘイ
2天明  徹(東京三洋)382ケン・グラント
3神野  崇(近鉄)3ケリー・マクドナルド
4堀越  慈(エーコン)0T24トニー・バンクス
5鎌田 勝美(近鉄)0G15ジョン・シャーロック
6山口 良治(岐阜教員)0PG16ネイル・カリモア
7石塚 広治(近鉄)0DG0C7ゲリー・ハーマソン
8石田 元成(電電半田)8ロン・デクリーン
9大久保 吉則(近鉄)0T19クリス・レイドロー
10藤本 忠正(早大)0G110アール・カートン
11坂田 好弘(近鉄)1PG111リー・コリンズ
12横井  章(三菱京都)0DG012ジェラルド・ケンバー
C13尾崎 真義(トヨタ)13ゲリー・ワインバーグ
14伊藤 忠幸(リコー)31914ドン・モンゴメリー
15桂口  力(法大)15ミック・ウイリーメント
得点:PG桂口