日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 機関誌
昭和38年(1963)4月13日 ブロクトン・ポイント
日本代表 33-6 カナダBC州代表
テスト15連敗(2引き分け含む)を免れる
 
 昭和36年に予定されていたカナダ遠征が諸般の事情で遅れ、昭和38年4月に、日本協会は戦後初めて日本代表カナダに遠征させた。日本代表はバンクーバーに5−39で敗れたが、テストマッチに認定されたBC州代表戦を含めて4勝1敗の好成績であった。以下遠征の主将を務めた青井達也の感激の一文である。
「『勝った! よくやった!』、チーム全員だき合って喜ぶ。いままでの苦労や疲れはどこかへふっ飛び、うれし涙がこみあげて来た。
 勝因は何といってもタックルであり、FWの健闘である。特に石塚君は負傷の身(10日のゲームでまゆの上を切り7針縫合)でありながら臆することなくよく戦ってくれた。グランドも天気にめぐまれよかったが6日のゲームに比し、当り、スタミナ、運すべてが上廻っていた。結局は根性の一語につきるのではないか。ゲームは勝たねばだめだとつくづく思った」(『機関誌』Vol.12-6号)。
 
No.38★22 カナダ遠征1963第4戦
1963年4月13日 G:バンクーバー R:D.マッケンジー KO 14:30
日本代表336カナダBC州代表
1川崎 和夫(立大)56C1バズ・ムーア
2村田 一男(明大)2802トム・クリスティー
3山田 耕二(日体大)3ピーター・グランサム
4岡部 英二(八幡)1T24デイブ・フリッド
5草津 正武(八幡)1G05ビル・クラリッジ
6西住 弘久(八幡)0PG06ジャック・ウィッティ
7石塚 広治(同大)0DG07モーリス・プリース
8植木 史朗(八幡)8テリー・カリング
9三浦 修五郎(日野自動車)6T09バッキー・エリソン
10北島 治彦(八幡)5G010テッド・ハント
11宮井 国夫(八幡)0PG011ジョニー・ニュートン
12尾崎 真義(トヨタ)0DG012ブルース・マッキーチャン
C13青井 達也(横河)13バリー・スタップス
14伊藤 忠幸(法大)3814ジョージ・プイル
15松岡 要三(八幡)15バリー・バーナム
得点:T伊藤3、宮井2、北島、尾崎、G青井4、尾崎2