日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 新聞記事 機関誌
昭和34年(1959)3月22日 秩父宮ラグビー場
日本代表 11-11 カナダBC州代表
第2テストは引き分け
 
 カナダ協会の創立は1929年(昭和4年)で、1965年(昭和40年)に再組織[“RUGBY FACTS&FEATS”P117]されている。日本では全カナダと紹介、記録されたが、私の手元にBCユニオンの来日パンフレットがあるので、本書ではカナダBCとした。
 前半11分ハントがトライ(ゴール)。15分日本、連続攻撃から宮井が中央にトライ。27分日本は北岡がPGを決めて6−5と逆転。33分カナダはハントがトライ、バージェスがゴールして6−10と再逆転。後半10分、日本は北岡がPGを決め9−10と追いすがる。カナダはピアーソンがトライ、25分に再度ハウエル、ハントの見事なクロスパスからガーダリンがトライ(ゴール)。32分日本はドリブルから土屋がトライで14−18と4点差に迫った。38分冨永がトライしたが、北岡がゴールに失敗した。カナダは40分にピアーソンがトライして21−17で勝利を収めた。日本はミスに泣いて勝利を逃した。
 
No.30★19 カナダBC州代表第2回来日第7戦
1959年3月22日 G:秩父宮ラグビー場 R:川田大介 KO 14:30
日本代表1111カナダBC代表
1小林  清(明大)83C1バズ・ムア
2志賀 英一(早大) 382T.R.クリスチー
3藤  晃和(八幡)3グランサム
4田中 聖二(早大)1T14オジー・ガーダリン
5片倉  胖(日野自動車)1G05デビッド・ブルース・トーマス
6宮島 欽一(慶大)1PG06グリーグ・ピアーソン
7土屋 俊明(八幡)0DG07ピーター・クラーク
8冨永 栄喜(早大)8デニス・ベイチ
9今村 耕一(慶大)1T29ノーマン・ブレイク
10新井 茂裕(京都市役所)0G110マック・ハウエル
11榎本 力雄(明大)0PG011グレン・ストーヴァー
12今村 隆一(横浜精糖)0DG012テッド・ハント
C13青井 達也(横河)13ジョージ・セイナス
14宮井 国夫(八幡)71314ジョージ・プイル
15原田 輝美(同大)15ニール・ヘンダーソン
得点:Tスクラムトライ、榎本、G原田、PG宮島