日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 新聞記事 機関誌
昭和33年(1958)3月2日 平和台競技場
日本代表 3-34 NZ代表コルツ
NZコルツの突進防げず
 
 日本のマスコミは「世界最強オールブラックス来る」と書きたてたが、実際にはオールブラックスコルツ[23歳未満のオールブラックス]であった。ウィナレイ主将、ブラウン副主将、ウォルシュ、ワット、リニーン、ソーパー、ピカリング、ミーズらオールブラックスのメンバーをはじめ、その後代表に選ばれた選手が多い強力チームであった。福岡での第1テストでは、日本は新井の1PGのみでノートライに終わり、NZに10トライを奪われて完敗した。
「全日本の敗因はFWとBKの不調が原因だが、タックルが予想外に悪かったことも彼らの得点に拍車をかけたようなものだった。全日本のバックスは攻撃力は持っているが、FWからのボールがほとんど満足に渡ったことがなく、いつものようなプレーが見られなかった。TB間のパスアウトの悪さも目立ったが、攻撃には強いが防御に弱いバックスはその欠点を暴露した」(毎日、伊集院浩)。
 
No.26★15 NZ代表コルツ(U23)第1回来日第3戦
1958年3月2日 G:平和台競技場 R:川田大介 KO 14:30
日本代表334NZ代表コルツ
1貝元(南)義明(近鉄)316C1ウィルソン・.ウイナレィ
2吉川 公二(日大OB) 0182ジョン・クライトン
3藤  晃和(明大)3アラン・ローランズ
4真野 克宏(トヨタ)0T44コリン・ミーズ
5片倉  胖(早大)0G25アラン・ヘイズ
6土屋 俊明(八幡)1PG06アキ・ソーパー
C7梅井 良治(早大OB)0DG07アーネスト・ピカリング
8松重 正明(三井化学)8ロジャー・グリーン
9今村 耕一(慶大)0T69ケビン・ブリスコー
10新井 茂裕(大済)(京都市役所)0G010ロス・ブラウン
11榎本 力雄(明大)0PG011ジョン・ワット
12寺西  博(日立鉱業)0DG012テリー・リニーン
13青井 達也(横河)13エドワード・トンプソン
14宮井 国夫(八幡)101414リチャード・コッシー
15佐藤 英彦(八幡)15パット・ウォルシュ
得点:PG新井