日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

年代史・観戦記・その他資料

日本代表テストマッチ史

テストマッチ観戦記とテーブル

English 写真 機関誌
昭和28年(1953)10月4日 秩父宮ラグビー場
日本代表 6-35 ケンブリッジ大学○
第2テストに完敗
 
 日本は最終戦にも9トライを奪われて完敗したが、1トライ、1PGをあげたほかにもチャンスが何度かあり、オ大戦に比べれば内容に見るべき点があった。「前半終了間際TBパスから今村君がよく相手のラインを抜き、好フォローした麻生君から広畠君と球は渡り、横岩君が堂々とトライして、流石のケンブリッジも手のほどこす術もなかったといえる見事な攻撃が展開された」(『機関誌』Vol.3-2号、伊藤次郎)。日本は後半30分に佐藤がPGを決めて6−21と食い下がった。だが「最後の5分間にケンブリッジは愈々調子を出して全員の総攻撃を開始した。これに対する全日本はまったくゲームを投げたかたちで、タックルもなく、相手のなすがままに任せてしまったというべく、36分、37分、38分、39分と連続4トライを取られた」(同上)。日本が後半力尽きてボロボロになってしまう悪癖は、この頃から顔を出している。これがフィットネスの差であったことは明白であろう。
 
No.22★11 ケンブリッジ大学第1回来日第8戦
1953年10月4日 G:秩父宮ラグビー場 R:P.F.クーパー KO 14:30
日本代表635ケンブリッジ大
1夏井 末春(明大)3131デニス・シルク
C2斎藤  尞(大映)3222ボブ・マッキュエン
3関川 哲男(慶大OB)3ダン・マッシー
4梅井 良治(早大)1T3C4ピーター・ウィラー
5橋本 晋一(早大OB)0G25ミカエル・マッシー
6土屋 俊明(明大)0PG06イアン・ビアー
7松重 正明(明大)0DG07ジェフリー・クレメンツ
8原田 秀雄(早大)8ドナルド・エヴァンス
9三苫  学(明大)0T69ティム・ピァーソン
10麻生 純三(明大)0G210ロビン・ヒッチコック
11佐々木 敏郎(明大OB)1PG011ディッキー・ドゥ
12今村 隆一(明大)0DG012ミカエル・バシュビィ
13広畠  登(同大)13ケン・ダリグリーシュ
14横岩 玄平(日産自動車)51014ジム・ロバーツ
15佐藤 英彦(早大)15ピーター・デーヴィス
得点:T横岩、PG麻生